ねぎタル釣り日記 > 番外編 > 番外:空と海と大地と呪われしカーソル位置

2006年10月16日

番外:空と海と大地と呪われしカーソル位置

ただいまドラゴンクエスト8に大ハマリ中!
もう睡眠時間削りまくり。ここまでゲームにハマるのは久しぶりだな。

正真正銘初プレイ。
発売は2004年11月ですか。2年も流行に乗り遅れております。

これ凄いわ。
ドラクエのイメージを損なうことなく完全3D化されとる。

サブタイトル聞いて何じゃそりゃと思ってましたが、やってみて納得、見渡す限りの空と海と大地、MMOのそれにも似た広大な世界。

イラストそのままのキャラが、通常画面でも戦闘画面でも動く動く。
ドラクエの世界というか、鳥山明ワールドに入り込んでしまったかのよう。

フィールドのBGMやばい。何この名曲。
冒険とかロマンとかを匂わせる度合いはシリーズ中だんとつトップじゃなかろうか。

カーソル位置が記憶されないのは致命的欠点ですが。
あたしゃそのせいで5時間30分まで進めたところで1からやり直しましたよ。ヤンガスの「くちぶえ」を一番上に置いとくために。

スキルポイントは温存しておくことができず、レベルアップしたら必ず振らないと先に進めない上、このレベルではこのスキルにはこのポイントまでしか振ることができないという上限があるせいで、覚えたくもないスキルにポイント振っていかなきゃならない場面もあったりするわけですが。

せっかくのファーストプレイ、攻略情報なしでやってますので、どっかで大失敗してるかもしれませんが、いいんです。

そんなわけで、当分ドラクエ8に時間を割いていきますので、FFXIは半お休み状態に。
チョコボのお世話だけやっとこう。余裕があれば調理指定品も。

さて、ドラクエの続きやってこよっと。
posted by コロポ at 03:16 | Comment(4) | TrackBack(0) | 番外編 ▲ページTOPへ

 ねぎタル釣り日記 > フィッシュランキング > 第11回フィッシュランキング

2006年10月12日

第11回フィッシュランキング

2 見習 Shanaou [72]

こっそり参加してました3rdキャラ遮那王くん、なんと2位にランクイン!
フナやイワシでやっと釣りギルド見習になったばかりの分際で。

お題は煌魚、体長の小ささ。
もちろんこんなの自分じゃ釣れませんので、コロポがハラキリ用に釣った中から一番小さいのを受け取り、登録だけしてきたというわけです。

チョコボには乗れないので、Lv1ジョブで命懸けで。
最高Lvは戦士10。これじゃ賞品のペリカンリングも装備できません。

使うかどうかは別として、3キャラ全員ペリカンリングを手にするという目標を密かに立てていまして、今回これを達成できて1人で満足しているわけです。

2位になるのがわかっていればコロポで登録してミスリルフックの称号をもらいたかった気もしますが。

第11回フィッシュランキング参加者の皆さん、お疲れ様でしたー。
見覚えのあるお名前がペリカンリング圏内にあったなぁとか思いながら。

 ねぎタル釣り日記 > ハラキリ > 緑の大樹

2006年10月10日

緑の大樹

聖地ジ・タの奥地にある、ボヤーダ樹というエリア。

なんでもボヤーダ樹という1本の巨木がひとつのエリアになっているらしい。
冒険者たちは木の内部にできた洞窟を進んでゆくことになるようです。

むかーし読んで我がバイブルとなった、夢枕獏さんの「幻獣変化」という小説。
若かりし頃のお釈迦様が不老不死の秘法を求めて、ヒマラヤよりも背の高い円生樹という大樹を登っていくお話。

ボヤーダ樹って、この円生樹みたいなものなのかな。
奥地には何かとんでもないものが眠っていたりするんでしょうか。

次のハラキリターゲットであるオオイトウ、このボヤーダ樹にいるとのことなので行ってみました。

未踏の地。例によってマップなしですが、はたして安全に釣りができるのでしょうか。



LS釣り好きさんで確認させていただきますと、オオイトウがいるのはマップ2枚目にある滝。
滝に向かって右奥の方じゃないと掛からないそうです。

生息地はボヤーダ樹のみ、それも滝付近限定と、釣り場がかなり限られるオオイトウであります。

移動の方は得意の壁伝い作戦でいけそうですね。
マップ1枚目は左の壁、2枚目は右の壁に沿っていけば、いずれ行く手に滝が現れることでしょう。

釣具は太公望に疑似餌フライ。
糸切れがあるかもしれませんので予備のルアーを用意しておきましょうか。

準備オッケー。チョコボに乗ってボヤーダ樹へしゅっぱーつ!



聖地ジ・タK-12からエリアチェンジすると、そこが目指すボヤーダ樹。

何かぬくもりを感じる緑豊かな色調。
モンスターもマンドラゴラやウサギがいたりと、どこかのどかです。


マンドラトライアングルの特殊な磁場で宙に浮くコロポ。
道中ノンアクティブばかりのポイントも多く、マップ1枚目終盤のこの辺までは、わりと簡単に潜り抜けることができました。

ですが油断は禁物。
黒マンドラ、カニ、イモムシ、モルボル、グゥーブー、どこから出てくるかわからないアクティブモンスターに備え、常時スニーク状態で先へ進みます。


ロランベリー辺りではポツンと単体でたたずんでいるグゥーブーも、ここではこうして群がって行動してます。
強さは確かとてとて。見つかったらひとたまりもないってもんです。




壁沿いに歩いてやがて辿り着きました、ここがオオイトウが棲んでる滝。

最初は試しに滝の裏側でやってみたのですが、こっちじゃやっぱり釣れないようです。
LS釣り好きさんが示すように滝に向かって右側、SSのポジション辺りだと確実です。

引きのアングルだと滝の飛沫で重くなってどうにもなりませんが、アップにすると表示されなくなるので問題ありません。


ちっこいタルタル、口まで水に浸かって呼吸が危うかったりしますが。



伝説の巨大淡水魚オオイトウ。スキルアップ上限100。

糸切れなし。ならば太公望折れもなし。

釣り場付近にはアクティブモンスターがいないので、スニークの必要もありません。

ケーブヤビーよりこっちで100を目指せば楽だったか。

なかなか掛からなかったり、かなり暴れることもありますが、それはケーブヤビーも同じこと。

釣具もフライひとつで済みますし、これからスキル100を目指す方にはケーブヤビーよりオオイトウをオススメ。

あ、恵比寿釣竿を目指すなら、ケーブヤビーをハラキリしてドワーフプギルを集めながらの方がいいのか。難しいな。

お好きな魚で100を目指してくださいね、と逃げてまとめるコロポであります。



あ、そうだ。
この滝付近の水辺を拠点に狩りをする人もいるので、その点でちょっと釣り人は居づらいというのもあるかもしれません。


この時のタルタルさん2人組、たぶんグラビデで敵の足を遅らせて、逃げながら魔法を打ち込むという狩りをなさってましたので、こんな微妙なとこにいる釣り人、相当邪魔に感じたんじゃないでしょうか。

幸いサーチコメントで日本の方とわかったので少しお話を。
奇遇にも釣りがお好きだそうで、オオイトウ用の餌を尋ねられたコロポ、LS釣り好きさんで仕入れた情報を得意げにお伝えするのでありました。


気がついたらこんなことになってた時も。近い近いw
辻ヘイストでもしてみようかな、でも魔法のせいで空蝉消えちゃったらどうしよう、似たような効果のブリンクは敵の魔法で消えるしなぁ、それにもしタゲ取っちゃったらこっちが即死だし、そもそもソロで自分の力だけで楽しみたいのかもしれないぞ、とかいろんなこと考えた末、何もしないで釣りを続けるコロポでございました。



ボヤーダ樹にいらっしゃる冒険者の皆さん、この滝の辺で釣り人を見掛けたら、もし邪魔でなければそっとしておいてやってください。
ここにしかオオイトウいないので……。なるべくはじっこ使いますから……。



先客がいた場合は、さすがに居座る勇気はありませんので、近くの小道でサクッとログアウト。

空いた時間で他のこと、サブキャラで合成などを楽しんでおります。

時には釣りも。
釣りスキル100になっちゃったコロポと違い、スキル1桁の遮那王くん、堀ブナでポンポン上がって実に気持ちがいい。

ハラキリも残りわずか。
他のこともやりながら、のんびり楽しんでいきましょう。
posted by コロポ at 08:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | ハラキリ ▲ページTOPへ

 ねぎタル釣り日記 > 裁縫 > 釣り人装備を作る釣り人 パート2

2006年10月09日

釣り人装備を作る釣り人 パート2

やっと全部売れた。しんどかった……。

売りさばくのにえらく手間が掛かりましたが、フィッシャホーズで23の後もコロポの裁縫スキル上げを続けていたのであります。

兵児帯 (27)
土のクリスタル
 草糸 木綿布x2

作っては雷クリで分解などもしてましたが、成功率が悪いので途中から少しずつ競売に出品。
1日1個ペースで売れたかな。おかげで黒字で行けました。

そしてここから釣り人装備第2弾。

フィッシャチュニカ (30)
土のクリスタル
 木綿布x3 亜麻糸 亜麻布 大羊のなめし革

少しでもスキルブーストしたい時には漁師エプロンに替えてこれを装備。
ケーブヤビーで釣りスキル上げの際に活躍してもらいました。

競売で売れれば黒字ですが、完売までにやたら時間が掛かりまして。
1キャラ1着あればいい物、やはり飛ぶように売れるというわけにはいきません。

取っておいた兵児帯を渡してランクアップ、裁縫ギルド下級職人に。

素材を作ってスキル上げができそうだったらこの先もやってみよう。
posted by コロポ at 05:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 裁縫 ▲ページTOPへ

 ねぎタル釣り日記 > ハラキリ > 恐怖の湖 克服編

2006年10月07日

恐怖の湖 克服編

マスダンゴを用意して、幻の巨大な淡水魚・煌魚のハラキリに挑戦。
スキルは91、94と諸説あるようです。

釣り場はジャグナー森林の大きな湖、河口付近。
以前スキル上げで行った時には、その不気味な様相に耐えかねて逃げ帰ってきたものですが。

何のことはない、気味の悪い中州が映らない位置に立つことでこれをクリア。
表示距離を最少にすれば対岸も見えず、湖だかなんだかもわからなくなって恐怖なんてものは感じないようになります。

もっと早く気付けよ自分。

ハラキリの結果、Lv38の足装備クイルハイブーツを獲得。
ジュノ競売で8000ギル。在庫0だったので早めに売れるかな?

あっけなくお宝ゲットしたように書いてますが、釣った煌魚は103匹。
何日も掛けて、4回目のセルビナ行きでようやくクリアとなったのでした。

煌魚の買取額は、この前のオオモリナマズと一緒で300ギル。
塵も積もれば山となるとは言うものの、マスダンゴとOPテレポ代で結局赤字くさいです。

「趣味ってものは自分の金を使ってやるものさ」
むかーし何かの本で読んだそんなセリフ、名言だなこれ。
posted by コロポ at 11:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | ハラキリ ▲ページTOPへ

 ねぎタル釣り日記 > チョコボ育て > チョコボ、育ち盛り

2006年10月05日

チョコボ、育ち盛り

チョコボ育成43日。
いつものようにお世話に行きましたら。

Pulonono:どうやら充分育ったようだね。

えっ!? もしや引退!?

Pulonono:能力の伸びは、いまがいちばんいい時だよ。

なんだ脅かさないでくださいよー。

どうやら成長期に差し掛かったようです。
全能力「あるかないか」なうちのチョコボですが、今後変化が現れるかもしれませんね。

なんかここ数日風邪ひきっぱなしなのが気懸かりですが。
毎日トコペッコ草を与えてるのになんで治らないんだろ。

おかげで以前購入したトコペッコも底を突く勢い。
幸い競売価格も落ち着いて1/10程度になってますので、もう1ダース用意しておきましょう。

ここまでに新たなお友達が2人。(あ、普通に2人とか言ってるし)

「お出かけ(中距離)」で、サンドリアの調教師さんのチョコボ、Airちゃん。
「お出かけ(遠距離)」で、ジュノのBrutusさんのチョコボ、Brilliantちゃん。

中距離ではヒューム3人組のチョコボと、遠距離ではバストゥークの調教師さんのチョコボと、それぞれすでに知り合っていたことからもうないと思っていたので、予想外の嬉しい出来事になりました。

まだまだ展開がありそうですし、目が離せないチョコボ育てであります。
posted by コロポ at 18:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | チョコボ育て ▲ページTOPへ

 ねぎタル釣り日記 > ハラキリ > 折れても釣竿 続集

2006年10月04日

折れても釣竿 続集

オオモリナマズ(80)のハラキリに挑戦。
釣り場はユタンガ大森林、釣具は太公望にシンキングミノー。

指定品になった時に場所をご案内しましたが、実は間違っていたことが発覚。
行き止まりになっている洞窟の手前にある池、オオモリナマズの居場所はこれが正解です。

相変わらずサハギン詩人がハープを掻き鳴らしてます。
時々いい感じでジャングルのBGMにかぶせてくる憎い演出を披露する辺り、以前より幾らか腕を上げたと評価しても良さそうです。

頻出する外道の当たりをキャンセルしつつのハラキリの結果は。

オオモリナマズ28匹 折れたヒューム釣竿1本

大鈍甲でのハルシオンロッドに続き、またまた折れた釣竿ゲット。
きっとある釣り人が折られた上に持っていかれた物なのでしょう。

ジュノ競売でのヒューム式釣竿の価格は、折れていても折れてなくても4000ギル。
折れた釣竿は合成スキル上げに使われることもあるので、物によっては無傷のものより高額だったりすることもあるようです。

最近光のクリスタルが高くなってますので、釣竿修理でのスキル上げも安上がりではなくなってますが。

オオモリナマズの買取額は300ギル。
スキルの高い魚だと金額も上がってきますねー。

じわじわ少しずつ小銭を貯めていくコロポであった。
posted by コロポ at 05:26 | Comment(2) | TrackBack(0) | ハラキリ ▲ページTOPへ

 ねぎタル釣り日記 > ハラキリ > 海神の矛

2006年10月02日

海神の矛

シルバーシャーク(76)のハラキリに挑戦。
釣り場はバタリア丘陵。スキル上げでも鮫釣りをした馴染み深い場所です。

餌は肉ダンゴ。
太公望だと釣りにくい気がするので、ハルシオンロッドに持ち替えてみます。

スキルは100+5。
ハルシオンロッドでシルバーシャークだと糸切れもありますが、腕を上げた甲斐あってその頻度は下がっているようです。

この時バタリア北側の海は釣り人でいっぱい。
以前はアクティブモンスターに見つからないよう、なるべく端っこで釣りをしていたものですが、Lv50だとそんな心配もいりませんので、空いてる場所を適当に選んでお邪魔してみます。

そうだそうだ、ずっと言い忘れていたことが。
バタリア北側の海ではシルバーリングなどの外道がかかりますが、一番端っこだとそれらが一切掛からないようになってるんじゃないかと思います。
あれだけ長いことあそこでスキル上げして一度も掛からなかったので、たぶん間違いないかと。
魚だけ狙っていきたい方はお試しくださいませ。

さてハラキリの結果は。

シルバーシャーク108匹 トライデント1本

なかなかにてこずりましたがお宝ゲット。

トライデントはLv45の両手槍。雷の追加ダメージが発動します。
売ろうか取っておこうか迷っていたさなか、木工81でバトルフォークという武器に作り変えることができると知り、さらに頭を悩ませているところであったりします。

トライデントはギリシャ神話に出てくるポセイドンの持ち物ですが、漁業用のモリのことも指すようです。
戦いを挑んで散ったシャークハンターの遺品かもしれません、慎重に扱うことにしましょう。

シルバーシャークの買取額は250ギル。
この前の大鈍甲の96ギルと比べると、2.6倍くらいになりますか。すげー。

今回のハラキリで、称号は「釣り大名人」となっております。
posted by コロポ at 19:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | ハラキリ ▲ページTOPへ

 ねぎタル釣り日記 > ハラキリ > 乗船禁止令

2006年10月01日

乗船禁止令

1歳の誕生日を迎えたコロポ。
といって何か進歩があるわけでもなく、相も変わらず釣り三昧。

目下ハラキリにいそしむ毎日。
現在コロポの称号は「釣り名人」になっておりますが、どの魚のハラキリによって変わったのか定かではありません。

スキル順で行くと次は機船航路で釣れるベッフェルマリーンの番なのですが、わけあってこれを飛ばすことになります。

低スペックなマイPC、船へのエリアチェンジの際、高確率で強制終了。
今までは大して気に留めていませんでしたが、聞けばそんなことを繰り返してるとその内パソコンがぶっ壊れるらしい。

それは避けねばならないので、船に乗るのは禁じ手といたします。

機船航路に棲息する魚、さらにはアトルガンエリアの魚、これらはすべてパス。

まとめると、

ベッフェルマリーン
ティタニクティス
シーゾンビ
リュウグウノツカイ
トライコーン
ググリューサウルス
リク

この辺は見送りと。

となると残すところあと5種。
難しい釣り場があるのでもっと減る恐れもありますが。

ひとまず次はシルバーシャークに挑戦だ!
posted by コロポ at 03:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | ハラキリ ▲ページTOPへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。