『2006年11月』の記事一覧です。

 ねぎタル釣り日記 > 番外編 > 番外:さそうおどりにさそわれよう

2006年11月07日

番外:さそうおどりにさそわれよう

ドラクエ8の話ですが。

これまでドラクエの戦闘シーンはフロントビューで、モンスターの姿しか見ることができませんでしたが、今回はパーティ側もしっかり表示されるようになっています。

そしてよく動く。

ほほう魔法はこうやって使ってるのか、はやぶさ斬りかっこええなぁ、とかいちいち感激させられる中、とりわけインパクトの強かったものがありました。

それは「さそうおどり」。
これを敵にやられると釣られて踊ってしまい、1ターン行動不能になってしまうというもの。

ある時ダンジョンで出くわしたモンスターがこの技を使ってきました。

踊ってる踊ってるw
繰り出してきたモンスターが踊れば、釣られてしまったパーティーメンバーもほんとに踊る。ナイスステップ主人公。

わたくしテレビの前で大爆笑すると共に、作り手の細かい芸当に感心するのでした。

モンスターもパーティもいろんな行動を見せるので、戦闘が実に楽しい。
攻撃ミスする大きづちやMPが足りずズッコケるベビーサタンなど、ここまで表現するのかと唸らされました。

他にも、出てきた扉を閉じるしぐさとか、移動魔法ルーラの浮遊感とか、屋内でルーラを唱えて天井に頭をぶつける主人公などなど、ちょっとした部分での細かい演出がゲームに彩りを添えてくれます。

来るところまで来たなドラクエ。
大きく進化を遂げつつも、ドラクエらしさを失わない。新しいけど懐かしい、ドラクエ8はそんな不思議な感覚を味わわせてくれる作品。

発売から2年も手を出さずにいた理由のひとつに、前作7を楽しめなかったということがありました。
同じ理由でXIを除き、IXまでしかFFをやってなかったりもします。

世界の構成とか、転職システムとか、記憶が6とごっちゃになるくらい真新しさがなかった7。

もうここまでか、なんて思っていたのですが。

ドラクエはじまったな。

すでにレベルは99、もはや恒例となった本編終了後のお楽しみまでクリアしているのですが、まだまだやめようという気が起こりません。

ハマる要素は幾つかありますが、何よりフィールドの探索が楽しかったなぁ。
どこまでも続くかのような広大な世界。神懸かり的にマッチしたBGM。
「冒険」を感じさせてくれます。

あ!そうだ!
私的ドラクエ名曲番付ナンバー1に輝いちゃったかもしれないこのフィールドの曲なんですけど、ある大きなイベント後から出だしが変わっちゃうんですよ。
それまでは、さぁ1日の始まりだ今日も冒険に出掛けるぞー的な始まり方だったんですけど、その辺の40秒間くらいですかね、ばっさりカットされてしまいまして、なんともあっさりした出だしになっちゃうんですよ。

(´・ω・`)

しかしそれも耳に馴染み、結局ヤンガスの「くちぶえ」は下の方に行っちゃったけどそれにも慣れ、ただいまさらなるパワーアップ目指してクリア後の世界を駆けずり回っております。

旅の仲間3人の第一印象がことごとく悪くて購買意欲をそがれたというのもありましたが、やってみたらみんないいやつだったな。
もうしばらく彼らと共に、この広々としたドラクエ8ワールドを楽しみたいと思います。
posted by コロポ at 11:52 | Comment(2) | TrackBack(0) | 番外編 ▲ページTOPへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。