ねぎタル釣り日記 > ハラキリ > 折れても釣竿

2006年09月29日

折れても釣竿

砂漠の町ラバオに赴き、大鈍甲(50)のハラキリに挑戦。
太公望にフロッグルアーの組み合わせで狙い撃ちしていきます。

釣れないことが続く時もあるので、まだ耳に馴染んでいないラバオのBGMをじっくり聴けたりもしました。

なるべくカバンに空きを作り、持てる限りの大鈍甲が集まったら、黒魔道士にジョブチェンジしてチョコボに乗ってコロロカの洞門へ。
入ってすぐの所でエスケプを使うとツェールン鉱山の扉前までワープするので、そこから出たらバストゥーク鉱山区でチョコボを借りてセルビナへ、という手順で移動してみました。

さて結果は。

大鈍甲45匹 折れたハルシオン竿1本

この前のオーガイールと違い、たった1回のセルビナ行きで見事お宝ゲット。
ほんの8匹目で出たので何本もいけるかと期待しましたが、そううまくはいかないもので。

しかしずいぶん長い物を飲み込んでいたものですねー。
普通釣竿を使って魚を手に入れるところが、魚から釣竿が手に入るとは何か面白い。

折れたハルシオン竿のジュノ競売価格が15000ギル。
錬金術スキル72で修理できるようですが、60止まりなのでそのまま競売に出品してみました。

大鈍甲の買取額は96ギル。
大した額ではないんですけど、10ギル台の魚が続いていたのでとても幸せな気持ちに。

初心のかけらを取り戻した気がした、ハラキリ大鈍甲編でございました。
posted by コロポ at 19:36 | Comment(0) | TrackBack(1) | ハラキリ ▲ページTOPへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

カバンを修理してみよう
Excerpt:  ブランドバッグや書類カバンなど、壊れたり痛んだりしたものは、ぜひ修理に出してみましょう。
Weblog: ベルメゾン通販
Tracked: 2006-10-01 13:46
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。