ねぎタル釣り日記 > チョコボ育て > ご隠居チョコボ

2007年01月28日

ご隠居チョコボ

128日までお世話したところで、あまりのリアクションの薄さに
飽きを通り越して呆れさえ覚えたチョコボ育成。

親はなくとも子は育つ。しばらくほったらかしてみようじゃないの。
そう決め込んでおよそ1ヶ月。はたしてどうなっているかと様子を見にいってみましたら。

あぁなんということでしょう。すぐ翌日に大きな展開が訪れていたのです。

Pulonono:残念だけど、
お別れの時が来たみたいだね。
ElegantMamaは、
VCS管轄の牧場が責任を持って引き取るよ。

ついにお別れ、チョコボ引退の時が来てしまいました。

ドラマチックな音楽に乗せて、ヒナの頃からの思い出がフラッシュバック。

いかん。演出やばい。
ほっぽらかすほど冷めていたのに、涙腺が緩む中の人。
不甲斐ない育ての親でごめんよエレガントママ。

VCSチョコボ登録証と、VCSシールド【黄】を手にするピーヨヨさん。
前者は呼び出し登録やカルテ発行に必要なもの。
後者は記念の調度品。隣の寝ワラが今は悲しい、そんな画像はこちらになります。

その時々で一喜一憂させていただきましたチョコボ育て。
すんません、もういいっす。
最初はあんなに賑わったチョコボ厩舎も、今じゃ育成実装前のように閑古鳥が鳴いています。
非常にわかりやすい反響と言えましょう。

せめて連れて歩ければ。勝手に育ってしまわなければ。
ヒナのまんまでウィンダスをお散歩とか、私的にゃ楽しそうなんですけどね。

我が家のチョコボElegantMamaは引退しましたが、お亡くなりになったわけではありません。
ホイッスルをひと吹きすれば、いつでも元気に駆けつけてくれることでしょう。
posted by コロポ at 00:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | チョコボ育て ▲ページTOPへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。