ねぎタル釣り日記 > 指定生産品 > 再戦 タキタロ

2006年08月24日

再戦 タキタロ

数日遅れで日記にすることも多いため、時々おかしな巡り合わせに見舞われることもある釣りライフ。

タキタロとの初対戦を綴ったその日に、指定品にやってまいりました。

たった1匹で2100ポイント。上限は5840なので、3匹まで納品可能。

この時スキル94。前回より少しだけ腕を上げています。

なかなかHPを削りきれない強敵ですが、挑戦してみましょうか。

指定品コンプリートとはなりましたが、上級サポートの効果を得られる漁師ベルトを幾つかもらっておこうと考えています。タキタロのような強敵との戦いに備えて、ブーストアップの手段を用意しておいて損はないはずです。

あれ?タキタロ釣るためにタキタロ釣るみたいなこと言ってる?

いささかおかしな話になってますが、タキタロに再挑戦!




再びやってまいりましたダボイの滝壷。


今回は指定品になっているということで、自分の他にも釣り人さんの姿がありました。/bowで挨拶したらおじぎを返してくれましたよ!釣りの手を休めてわざわざありがとうございます〜。

タキタロは師範クラスの魚。それが指定されたあちらの方も、私と同じ師範クラスの釣り人さん。

ここに至るまでに似たような道を辿ったりしているかもしれません。太公望獲得までの苦労とか、50以降のスキルの上がりにくさとか、共感できるものがあるかもしれませんねー。

日替わり酒場に釣り人限定の日希望。




そばにいるモルボルは、今回も襲ってこない相手。

どのくらいそばにいるかと言うと、


このくらい。触手がビシバシぶつかってくるくらいのそば。

釣りに入ると近くのモンスターは見えなくなるようになってますが、でかいせいですかね、モルボルは完全に透明にならずにある程度残ってたりします。

でも釣竿の動きが見えれば問題ないので、気にせずタキタロ釣り開始。

うひー、やっぱ釣れねー。

1くらいスキル上げただけじゃ何の変化もありません、前回同様時間切れで逃げられっぱなし。

お向かいの釣り人さんも苦労してらっしゃるようです。当たりは来ているようですが、やはり釣り上げることができません。

タキタロのスキルが100というのはあくまでスキルアップ上限であって、実際には120とか130の実力を秘めているのではないかと勝手に推測します。




よし、1匹ゲット。

あまり暴れることのない大人しいやつだと、強敵ながらもなんとか釣り上げることができます。

1/3、いや、1/5くらいの確率だろうか。

もっと腕を上げたらじゃんじゃん釣れるようになるのかな。

2匹目を釣り上げて、残るはあと1匹。

きたきたー、なんとか完全に弱らせられそうだぞ。

とその時。

突如視界ゼロ。

モルボルがかぶさってきて、アングルを変えても主観視点にしても、釣竿の動きがまったく確認できません。

あー、逃げられた。

むっかー!

とりあえず/slapでバシッと叩いてやりまして。


それでも気が晴れないのでぶん殴ってやりました。釣り人の怒りを思い知るが良い。

お詫びのしるしか、モルボルのつる2個を土産に置いていきました。

強化魔法のおかげもあって今回はあっさり倒せましたが、やはりXIでも使ってくるという「臭い息」、これのステータス異常がハンパじゃないらしいので油断できません。




やがて最後の1匹も集まって、タキタロ3匹釣り上げ成功となりました。

たった3匹に1時間も掛かってるよ・・・。

ブラックソールの後はこのタキタロでスキル上げできないものかと考えてたけど、どうも無理っぽいな。

いや、スキル99くらいになったらコンスタントに釣り上げられるようになるかもしれないぞ。もっと腕を上げたらまた来てみよう。

タキタロよ、いずれまた会おうぞ。
posted by コロポ at 06:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 指定生産品 ▲ページTOPへ

 ねぎタル釣り日記 > 指定生産品 > フルメタル釣り人

2006年08月19日

フルメタル釣り人

釣り指定品、ついにコンプリート。

先日のオオモリナマズで必要ポイントに手が届きましたので、残っていた3つの「だいじなもの」を一気に手に入れてみました。

さかのぼりますと、2005年10月18日の日記にキュスを1ダース納めたとあるのが初めの一歩。

この記事が調理のカテゴリに入ってて筆者自身ですら見つけるのにてこずった駄目ブログです。

およそ10ヶ月。1日のポイント上限もあることで、じっくり時間を掛けての全アイテム制覇となりました。

今回獲得しました3つの「だいじなもの」。これはいったいどういう効果を持つものなのか、ちょっと触れてみましょうか。

若干夢も希望もない内容になるかと思いますが。



フロッグフィッシング 30000ポイント
エサに生きた蝿をつけて、カエルやイモリ等の獲物を狙う、
特殊な釣りスキル。

サーペントの伝説 95000ポイント
水辺に棲まうというサーペント(大蛇)にまつわる漁師の言い伝え。
独特の生態が詳しく語り継がれている。

泳がせ釣り 115000ポイント
エサに生きた魚をつけて大物を釣る、特殊釣りスキル。

前々から今の自分には必要ないものばかりと身も蓋もないことを言ってましたこれら。

なぜ要らないか。くどくど説明しましょう。

伝聞と主観の入り混じった記述になることをまずお断りしまして。

私がプロマシアディスクをインストールしていない、さらには今後も不買で行く可能性が濃厚であることが大前提。



「フロッグフィッシング」

なくても普通にカエル釣れるし。

カエル釣る機会もそんなにないし。

ただ、トライコーンという、これはイモリなのかな、これが伝説クラスでスキルも100ということで強敵なんじゃないかと思いますので、このトライコーンを釣りたい時には重宝しそうです。

なんでもルフェーゼ蝿という餌を使うと格闘時間が長くなるとか。

ルフェーゼ蝿を取り扱っているのは、タブナジア特産品店と、タブナジア地下壕にあるらしい雑貨屋。

買えん。

トライコーン棲息地はファノエ運河=プロマシアエリア。

行けん。

やっぱり要らんな。



「サーペントの伝説」

これを手に入れると、リクとググリューサウルスが掛かるようになるそうです。

この2種の伝説魚から、噂の恵比寿釣竿クエストに必要なアイテムを得られるという話なのですが・・・。

リク棲息地・ルフェーゼ野の池。

ルフェーゼ野=プロマシアエリア。

プロマシアエリアにはミッションを進めないと行けないエリアもあるということをしろたんさんからこちらで伺って、ネットで調べてみたらそういうエリアは多く、このルフェーゼ野もそんな場所であると。

縛りのきつさで悪名高いプロマシアミッション。

3国ミッションも進めない方針の私が、そんなのやるわきゃない。

プロマシアディスク要らんな。



「泳がせ釣り」

生きた小魚を餌にして大物を狙うという釣法。

バストアサーディンを生き餌にしてブレードフィッシュを釣ったりできるのかとワクワクしていたものですが。

餌はドワーフプギルとドリルカラマリ、ターゲットはリクとググリューサウルス限定。

夢破れたり。

しかしながら、かなりの強敵らしいリク&ググリューサウルス、上記の餌を使うことで格闘時間が伸びるらしいので、恵比寿釣竿を目指す人には必須と言えましょう。

逆に言うと目指さない人にはまるで意味なし。

目指さないので要らんな。



とこのように、あくまでわたくし個人にとってはまったく無用なものばかり。

とは言え、大きな目標をクリアした達成感があるのもまた事実。

全アイテム入手して釣り人完全体となった今、もはや怖いものなしというもの。

あ、でもこの前のタキタロみたいなのもいるから、上級サポートの効果を得られる漁師ベルトを幾つか用意しておこうかな。

サブキャラ2人にロバー針もあげたいし。

指定品コンプリートとはなりましたが、今後もぼちぼち続けていく模様です。
posted by コロポ at 02:12 | Comment(2) | TrackBack(0) | 指定生産品 ▲ページTOPへ

 ねぎタル釣り日記 > 指定生産品 > 叫ぶ半魚人の会

2006年08月18日

叫ぶ半魚人の会

おお、ここで来たか。

今まで釣る機会のなかったオオモリナマズ、クライマックスで指定品になるとは憎い演出。

釣り場はユタンガの池やヨアトルの地下水など。

Lv50だと周辺にたむろしてるアクティブモンスターにも絡まれないようなので、ユタンガの池でいってみようかな。

飛空艇でカザムに渡り、チョコボに乗って釣り場を目指します。



アウトポスト付近の穴に落ちたら少し西に向かって段差を飛び降りると、南の方に目指す釣り場があります。


ここ。ぐるっと回ってあっちの方に出てくる洞窟前のこの池に、オオモリナマズが棲んでいます。(行き止まりになっている洞窟前の間違いでした)

黒魔道士Lv30の時に一度ここまで来たことがあったのですが、アクティブだらけでこりゃたまらんと即刻退散。

赤魔道士Lv50となった今、この辺にいるサハギンやプギルは楽表示ながら襲ってきません。

2005年10月にFF再スタート。釣りがしたいだけなのでしばらくの間はLv1で方々駆けずり回っていたものでした。

しかし、こうしてある程度レベルを上げることで行動範囲が広がり、いろんな魚を釣っていけるようになったのはやはり嬉しいものです。



ここでオオモリナマズを狙い撃ちできるのは、疑似餌シンキングミノー。

オオモリナマズのスキルは80。

太公望の釣竿なら糸切れの心配もないとは思いますが、そこは初めて手合わせする相手、何が起こるかわかりませんので念のため予備のルアーも用意してまいりました。

サハギンやらプギルやらオポオポやらに取り囲まれながら、釣りスタート。

んー、外道がよく掛かるな。

こんなジャングルでも錆びたアイテムが釣れる模様。ヴァナ・ディールでもゴミ問題は深刻化しております。

何も釣れないことが続いたりもするので、お気に入りのジャングルBGMをじっくり鑑賞できていいですねー。

いやそんなことが目的ではないはずだ。

釣り場間違えてるんだろかと思い始めた頃、ようやく大物ヒット!

景気良くバシャンと飛沫を上げて釣れましたオオモリナマズ。

大盛り一丁お待ち的に。

こちらのスキルが上回っているということもあって、初めてのオオモリナマズ、大して苦もなく釣り上げ成功。



しかし気が散る。

吟遊詩人のサハギンが、ひっきりなしにハープだかなんだかを掻き鳴らしてまして。

時には数匹のサハギンにその効果が発動、シュピーンシュピーンシュピーンと効果音もけたたましく、背中のすぐ後ろにそれを聞いた私はびっくりなんかするわけです。

俺の魂の叫びを聞けというアピールなのか。


仕方がない、ちょっとの間だけだぞサハギンくん、観客になってあげるから思う存分熱い思いをぶちまけたまえ。

獣人の哀しみと苛立ちがその音色に表現されてる気のせいがします。



少々時間は掛かりましたが、遠くで釣りをしている人を眺めたりしながら続けている内に、指定品に必要なオオモリナマズ4匹が集まっておりました。

これで5600ポイントだな。指定品も切りがつくかもしれないぞ。

さっそくギルドに納めにまいりましょう。

さらばサハギンくん、また会う日まで。次は新曲でよろしく。
posted by コロポ at 16:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 指定生産品 ▲ページTOPへ

 ねぎタル釣り日記 > 指定生産品 > 追想 ブレードフィッシュ

2006年08月16日

追想 ブレードフィッシュ

残り1万ポイントで指定品コンプリートというところで、お題にブレードフィッシュがやってまいりました。

今までにも何かとお世話になったこの魚。締めくくり間際で指定品になったのも何かの縁かもしれません。

肉ダンゴ抱えてサルタバルタの海へ。

久し振りに相まみえることとなったブレードフィッシュ。

これで釣り納めになるかもしれませんので、しばしの間再会の時を楽しむとしましょう。




サルタバルタの空に咲く満開の花火。もう夏祭りイベントもおしまいかと寂しくなっていたところでしたが、ここに来て1週間延長、もうしばらくの間祭囃子を楽しむことができるようです。

うーむ。誰もいない。

最後にブレードフィッシュを釣ったのは、フィッシュランキングのテーマになっている時。

多くの釣り人で賑わっていたものですが、今は祭りの後のよう。

チンチキBGMが流れていなかったら相当寂しく感じられたことでしょう。



初めて釣竿を折ったのがブレードフィッシュ。

初めてフィッシュランキングに入賞したのもブレードフィッシュ。

この魚を相手に、釣り人の予感による大物とモンスターの違いを調べたり、木工スキル上げのために釣竿を折ってもらったことも。

最後は釣りスキル上げに付き合ってもらい、上限の71を迎えた時点で別れを告げたのでした。

ブレードフィッシュよ、あれから私はずいぶん腕を上げたぞ、成長した姿を見てやってくれ。

ポチャンと釣り糸を垂らすと、最初の一投からブレードフィッシュがヒット。

お、スリップダメージ入ってるな。

この時の釣りスキルは92。ブレードフィッシュが71。

その差21。

この前の三眼魚とのスキル差11では確認できませんでしたが、このくらい開きがあるとスリップダメージが発生するようです。

かつては強敵だったブレードフィッシュも今では格下に。

成長を噛み締めます。



けっこう釣れるな。

この直前までクフィム島でブラックソールを釣っていたところ、月齢や枯れの関係もあるかもしれませんが、なかなか釣れず。

以前は「何も釣れなかった。」の連続に耐えながら釣ったブレードフィッシュでしたが、あれからいろいろと揉まれてきたせいでしょうか、けっこう釣れるとまでに認識も改まります。

指定品用の5匹もアッという間に集まり、ブレードフィッシュとの再会にも終わりの時が訪れるのでした。

ランキングに入賞したものは記念に保管してあったりと、何かと思い入れの深いブレードフィッシュ。

/bow motionで一礼し、サルタバルタを後にするのであった。
posted by コロポ at 20:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 指定生産品 ▲ページTOPへ

 ねぎタル釣り日記 > 指定生産品 > 今だからベッフェルマリーン

2006年08月15日

今だからベッフェルマリーン

来た、ついに来た、ベッフェルマリーンが指定品に来た!

この魚、何かと都合が悪い気がして、指定品になっても釣ったことがありませんでした。

棲息地は機船航路。餌はブリ切り身。

これだとベッフェルマリーンの他に、コーンカラマリ、シルバーシャーク、リュウグウノツカイと3種もの魚が掛かります。

餌のブリ切り身はブルーテールから。ベッフェルマリーンを釣るために、まずブルーテールを釣っていかねばなりません。

そんな手間を掛けて用意したブリ切り身も、目的外の魚やモンスターが掛かることで必要以上に消費してしまうと。

精神衛生上よろしくない気配。

しかし指定品もゴールに近付いております、今を逃すと釣る機会は二度とないかもしれません。

ベッフェルマリーンとの初対戦決定!



金庫にブルーテール8匹のストックがあったので、近場の海で4匹足して1ダースに。

これを遮那王くんに届けます。

ピーヨヨさんの指定品用にトルティーヤを作って調理スキル12になっていた遮那王くん。スキル15のブリ切り身でさらに伸ばしてしまおうという算段です。


そろそろお祭り気分に決別をと、水着を脱いでフィールド装備に衣替えの遮那王くん。髪、衣装、合成エフェクトと、今回はグリーンを基調にコーディネイトしてみました。

この切り身作りによって調理スキルは13に。

失敗してブルーテールを失いまして、出来上がったブリ切り身は4ダース弱。

指定品に必要なベッフェルマリーンは6匹。

だいたい2ダースで3匹ペースですか。充分いけるでしょう。



切り身を受け取り、セルビナから乗船。

今日も船は釣り人で賑わっています。


あ、お隣にいらっしゃるのは!初日に向かった釣りギルドでお見掛けして以来、勝手に師匠の1人と仰ぎ目標としていたあのお方。隣り合わせて釣りをするところまで成長したかと思うと感無量であります。

うっしゃ、ベッフェルマリーン釣りスタートだ。

いきなりリュウグウ2連続。1回はHPを削りきりますが、ありがちに糸切れで終わります。

余裕で釣れるこちらはコーンカラマリ。

お、シルバーシャークめ、やっぱり太公望では釣りにくいな。

モンスターはキャンセルと。

やがて。

   まもなくマウラに到着します。

あれ?

やばい、ブリ切り身1ダース使ってベッフェルマリーン1匹も釣れてないじゃない。ひょっとして掛かりにくいとか?

んー、次の便に望みを託そう。



マウラに着いて乗り直し、今度はセルビナ行きの便。

あ、いきなりベッフェルマリーン釣れた。やったね!

続けて2匹、3匹。

あれあれ?

さっきのが嘘であったかのようにベッフェルマリーン釣れまくりじゃないですか。

こういうたまたま的な運の要素に翻弄されるのも釣りの醍醐味。一喜一憂を楽しみます。

結局ブリ切り身を2ダースも使うことなく、指定品に必要なベッフェルマリーン6匹が集まりました。

このくらいのペースで釣れるなら苦にはならないな。また何かの機会には切り身を用意して船に来ることにしてみよう。

ほどなくセルビナに到着。近場のOPテレポでウィンダスに戻り、本日の指定品クリア。

まずまずの釣果をもって終了となりました、ベッフェルマリーンとの初対戦でございました。
posted by コロポ at 09:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 指定生産品 ▲ページTOPへ

 ねぎタル釣り日記 > 指定生産品 > ついでに特ダネ奪還作戦

2006年08月12日

ついでに特ダネ奪還作戦

この前ジャグナーで煌魚と一緒に釣ったダークバス、狙い通り指定品になってガッツポーズなコロポです。

これによってギルドポイントは22万強に。全アイテム入手まで残り2万を切りました。いよいよ指定品も大詰めです。

さて、これより何日か前に、師範クラスからティタニクティスが指定品になったことがありました。

棲息地は機船航路。

ウィンダスのクエストで、機船航路でモンスターを釣らないとクリアできないものがあります。これがネックとなり、最高レベルが30の初代コロポでは危なくて断念した悲しい過去が。

シーモンクも余裕で倒せるまでに成長した今、ティタニクティスを釣るついでに、このクエストにも挑戦してみました。



クエスト名は「盗まれた特ダネ」。

「特ダネ・ウィンダス」の続きとなるので、まずこっちをクリアしないと。

ある程度進めてあったので、森の区の特ダネを確認するためホルトト遺跡に赴きまして、目的の場所で用事を済ませた後はデジョンで戻ってちゃちゃっとこれをクリア。


たまねぎ率の高いタルタルタイムズ社。アララーオラオララーとテンションの高い編集長を前に、浮き足立つ余り宙に浮かぶコロポであります。

続いて本題の「盗まれた特ダネ」を受けたら、一路機船航路へ。

釣れるモンスターOcean Crabがクエストアイテムをドロップ。Lv10〜14と弱めですが、Sea Monkが25〜28とやや高めなので、レベルの低いキャラクターは注意が必要です。

肉ダンゴでティタニクティスを釣りながら、モンスターが掛かるのを待ってみましょう。

太公望では釣りにくいシルバーシャークや、狂ったように暴れるリュウグウノツカイも掛かりながら、指定品に必要なティタニクティス3匹がアッと言う間に集まります。

んー、モンスター掛からないな。魚が掛からない餌も用意しておけばよかったな。

スキル上げがてらと肉ダンゴも4ダースと多めに持ってきてあります、ティタニクティスを釣りながらじっくり待ちましょう。

やがて。

   何かがかかったようだ!!!
   なんとなく釣れそうな予感がする!

確実にモンスターな釣り人の予感!


きたきたきたきたー。目的のOcean Crab。クエストアイテム落としてくれ〜。

「青銅の箱」ゲット。

運良く1匹目にしてクエストアイテム獲得。変なところで運を使っていくコロポであります。



えーと、非常にいまさらではありますが。

スニーク使っておくと、モンスター釣っちゃっても襲ってこないんですねー。

アクティブモンスターに絡まれないように、船釣りの皆さんスニーク使っておいでなのかと思っていたら、他にもこんな効果があったと。

態勢を整えてから戦闘開始する余裕があるので、強めの敵が釣れた時でも慌てず対処できそうです。



肉ダンゴを使い切ったところで、デジョンでウィンダス港に戻り指定品クリア。

その足で編集部に向かい、クエストもクリア。

さらにティタニクティスで0.1x2回のスキルアップ。釣りスキルは92.2に。

実り多き機船航路でございました。
posted by コロポ at 19:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 指定生産品 ▲ページTOPへ

 ねぎタル釣り日記 > 指定生産品 > グリモナイト必死釣り

2006年08月11日

グリモナイト必死釣り

陽気なウィンダスのBGMを聴きながら、のんびりと堀ブナを釣っていた日々が懐かしく感じられる今日この頃。

モンスターに襲われる危険とも無縁の平和な街中で、テレビを見たり雑誌を読んだりしながら釣りをするのが、自分に一番合ったFFXIプレイスタイルであることは明らか。

しかし、指定品のお題になった魚はできるだけ釣っていきたい。

それがMyミッション。お上の仕事とは無縁の気ままな釣り人コロポに与えられた、唯一の使命なのであります。

今回のお題は、皆伝クラスからグリモナイト。

祭りの宴で賑わう街を後にし、棲息地である海蛇の岩窟に行ってまいりました。



いつかユタンガのジャングルを探検していて発見した海蛇の岩窟。

マップなし。

調べてみたら、地図の入手方法は、海蛇の岩窟に出現する宝箱からと。探索したいから地図が欲しいっちゅうのにそりゃないぜ。

おててFFXIさんにお邪魔して、マップや敵のレベルを調べます。

Lv50だとすべての敵に絡まれる恐れあり。

いずれも聴覚感知。スニークだけは切らさないようにしないと。

グリモナイトが棲んでいるのはJ-12の水辺と、獣人ミスリル貨をトレードして開く扉の先の2箇所。

前者は左の壁に沿って行けば辿り着けそうだな。

後者も同様に左の壁伝いに進んで、E-8の分かれ道だけ左折せずに直進すればいいと。

よっしゃ、とりあえず行ってみよう。



暗すぎますぜダンナ。


ヴァナ時間の夜であるせいか、ダンジョン内の見通しは最悪、すぐ先も見えないほどの真っ暗闇。

こりゃ壁から離れられんぞ。


何かいるのはわかれども、何がいるかはよくわからず。いずれにせよ多くの敵がひしめいていることは間違いなし。スニーク切れたら即死の予感。

壁を頼りに前進する中、水溜りのような場所を見掛けては、ここなのか?どうなんだ?とマップを開いて座標を確認すること数回。

コロポよ、目指す水辺はJ-12だ。脇目も振らず壁を這え!



道中、ノンアクティブなコウモリしかいない場所や、少し入り組んで敵から距離のある場所もあって、スニークの掛け直しは割りと容易です。

ただ、暗い。視界が悪い。

釣り場を見つけられぬまま壁を這って辿り着きました、獣人ミスリル貨の扉。

あれ?釣り場通り過ぎてるじゃん!

少し戻ってみると人の姿が。漁師エプロン着てる。釣り人さんだ。あ、水辺。あそこが目的の場所なんだろか。おおっ、あの釣り人さんがグリモナイト釣り上げてるぞ。ここだー。


ようやくグリモナイトの釣り場に到着。教えていただく形になったお隣の釣り人さん、どうもありがとうございます〜。

思いっきりアクティブモンスターの索敵範囲内ではありますが、スニークが切れそうになったら獣人ミスリル貨の扉の方に避難、掛け直したら戻ってくるという方法でなんとかいけそうです。

よーし、グリモナイト釣りに挑戦だ。

しかし、太公望を手に取り、釣り糸を垂らそうとしたまさにその瞬間、あるまじき衝撃の事実が発覚するのです。

ルアー忘れてきた・・・。

オマエ何やってんのと、道具を持ち忘れるようで何が釣り師範かと、自分で自分を責めてあげたいです。

コロポのデジョンが発動→コロポはワープします。

あ、ジュノ港orz



失態を重ねつつ、海蛇の岩窟2度目の挑戦。

今回はヴァナ時間の昼間ということで視界良好、壁に頼らず視認で前進可能です。

一度歩いた道ということもあって容易に辿り着けましたグリモナイトの釣り場。

今度こそ持ってまいりましたシュリンプルアー。さっきとはうって変わって予備まで用意してくる念の入りよう。

ただし獣人ミスリル貨を買い忘れているのは前回今回共通です。

ここでもなんとかなるでしょう、さぁ釣り開始とまいりましょう。

んー、モンスターがいすぎてちょっと重いか。こんな時は普段より集中力が必要で疲れるんだよなぁ。

でも必要なグリモナイトはたったの3匹。ちゃちゃっと釣り上げて指定品クリアしちゃおうじゃないの。

おっし、1匹目ゲット。

あ、スニーク切れそう。

すぐさま後方の扉前まで避難、魔法を掛け直して釣り再開。

めんどくさいようですが、実際にはそうでもなかったり。

釣り場と避難場所までの間が一直線なのと、考えなしに走っても扉に突き当たるので変な場所に行っちゃう恐れがないのがポイント。

これがこの前行った怨念洞のゼブライールの釣り場だと、道が多少曲がりくねっているためしっかり操作しないとならないし、少しでも場所取りを間違えてスニークを掛け直そうものなら即座にアクティブモンスターに襲われることになるはずなので、かなりシビアになってきます。

その点ここはラク。

目が離せないので必死なことに変わりはありませんが。



ネビムナイトやバストアブリームも釣りながら、グリモナイト3匹を集めることに成功しました。

このやり方でスキル上げだったらしんどいけど、何匹か釣るだけだったら問題ないと言えましょう。

また指定品になったり、ピーヨヨさんが料理に使う時には釣りに来てみよっかな。

次の機会には扉の先の釣り場も目指してみよう。
posted by コロポ at 07:35 | Comment(2) | TrackBack(0) | 指定生産品 ▲ページTOPへ

 ねぎタル釣り日記 > 指定生産品 > 霊眼持つ者

2006年08月10日

霊眼持つ者

釣りスキル上げでクフィム島に入り浸る中、指定品にもクフィムに棲む魚の名が挙がりました。

三眼魚。

名前の通り3つの眼を持つ幻の大型魚です。

何とはなしにクフィムをエリアサーチ、サーチコメントを覗かせていただいて知ったのですが、ただいまミドガルズオルムワールドでは、この三眼魚がフィッシュランキングのテーマになっているようです。参加中の皆さんご健闘を〜。

三眼魚が棲んでいるのはクフィム南東の海。

太公望と疑似餌ミノーを手に、ひとっ走り行ってまいりました。



ジュノ港からクフィム島に降り、暗い細道を抜けて南下しますと、そこが三眼魚の釣り場。

ん、こっちは波飛沫が上がってないな。クフィムは北風が強いということなのかな。


レベル上げに励むパーティのかたわら、のんきに釣り開始。もし戦闘不能になった場合にはレイズしに飛んでく準備はできております。

三眼魚は皆伝へのランクアップの課題となる魚。

しかしこれを買って済ませた私は、自分で釣るのは今回が初めて。

引きはどんな感じなのか見ておこうと思ってましたが、ちょっと別なことに気がいってしまってよく覚えておりません。記憶にないくらいだからそんなに暴れたりはしなかったのかな。

何に気を取られていたかというと、それはスリップダメージ。

この時の釣りスキル92。三眼魚のスキルは81。

スリップダメージなし。

やはりある程度のスキル差がないとスリップダメージは入らないようです。



三眼魚がフィッシュランキングのテーマになってるのに、あまり釣り人さんを見掛けませんねぇ。

みんなもうフィッシュランキング飽きちゃったかな。

かく言う私もテーマを聞きに行くことすらなくなってるわけですけども。

他に三眼魚の用途はないのかなと調べてみたら、ありました。

マヒ毒素x2 (錬金術72)
雷のクリスタル 
 三眼魚

釣りと錬金術も何かと接点がありますよね。主に毒関係ですか。

マヒ毒素で錬金術のスキル上げをするなら、68で高弟にランクアップを済ませた辺りでクフィム島に乗り込み、三眼魚を釣ってその場で作成というのもいいかもしれません。


うまい具合にクフィムにはサンダーエレメンタルがPOPしますので、雷のクリスタル現地調達も不可能ではありません。

ここ最近サンドリアがコンクェスト3位続きでレンブロワ食料品店でメープルシュガーを購入できず、自力作成のため釣りの合間に雷エレ狩りも並行しているコロポであります。



指定品に必要な三眼魚4匹を釣り終えた後は、ルアーをシンキングミノーに替えてブラックソールでスキル上げ。

この後もクフィムにはしばらくお世話になりそうです。

まだ見たことのないライトエレメンタル、ここクフィムにも出るらしいですが、スキル上げの間に会うことができるでしょうか。

もし会えて倒すことができたら、戦利品の光のクリスタルは太公望修理の蓄えにしてみよう。
posted by コロポ at 07:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 指定生産品 ▲ページTOPへ

 ねぎタル釣り日記 > 指定生産品 > 潜入!怨念洞

2006年08月05日

潜入!怨念洞

競売に出品されているのを見たことがないゼブライール。今回この魚が指定品になりました。

やっぱり出品ないねぇ。

自力で釣るにしても、確かとんでもなく危険な場所に行かなきゃならないような気がしたぞ。

いつものようにFishing GO GO!さんにお邪魔して、棲息地を確認してみます。

怨念洞。

あ、ここ1回行ったことある。ヨアトルのジャングルを探検していて発見、とりあえず入ってみるものの、マップは持ってないわ、すぐそこにとてとてモンスターがわんさかいるわで退散した所だ。

こりゃ無理か。

しかし隠形魔法を駆使すればなんとかなるかもしれない、そう考えた私は、ゼブライールの釣り場目指して怨念洞への潜入を試みるのです。



マップがないのでFishing GO GO!さんで充分に確認。

ヨアトル大森林から入ったら、右の壁に沿って進んで落とし穴に落ちればいいようです。落ちた先もそれほど広くも複雑でもないので、壁伝い作戦でなんとかなるでしょう。

ゼブライールが棲んでる池のあるエリアでは、トカゲの他はすべてアクティブと。トカゲしかいない場所でインビジやスニークを掛け直せば大丈夫か。

サソリとマンドラゴラが聴覚、オポオポが視覚でそれぞれ感知。Vana'diel Monstersさんでその情報を得ます。

ここまでを頭にインプットして、いざエルシモ地方へ。




怨念洞までの道中、エレメンタルを引き連れたトンベリを発見。なんだろこれは。いまだに見たことがないライトエレメンタルかな?

レベル上げ中にトンベリの存在を確認、手を出してみてその強さも体感しました。瀕死状態になる「急所突き」、これヤバイ。

そんなわけで数匹としか立ち合わなかったのですが、後になってそれで正解だったことを知ります。TP技の「みんなの怨み」はトンベリを倒した数に応じてダメージ増加、倒せば倒すほどこちらが危なくなるという恐ろしい必殺技だったのです。怨みってコワヒ。



話が逸れましたが、複雑な地形に若干悩まされつつも怨念洞に到着。

念のためシェルとプロテスで守りを固めた上で、スニーク&インビジで姿を隠して前進します。



右の壁に沿って歩き、ほどなくして落とし穴発見。覚悟を決めてエイヤと落ちたその先に・・・。



おー、いたいた、噂の黒マンドラ。Puck、パックかな。確か妖精にそんな名前のがいましたねー。

仕草や声も可愛らしく、モンスターと言えども憎めないマンドラくんですが、ここのはアクティブなのでそうも言ってられません。

マンドラだけでなく、カザムの村では大人しいオポオポもアクティブ。隠形魔法が切れる前に安全な場所を確保しないと。



ついにゼブライールの釣り場発見!ところが厄介なことにすぐそこにアクティブモンスターが。


拡大してかえってわかりにくくなった悲しきサソリ氏。

うーん、ヤバイか。

でもノンアクティブのトカゲしかいないポイントが近くにあるのを確認しています。スニークが切れそうになったらすぐに釣り中断、そこまで移動して掛け直したら釣り再開、そんなやり方でなんとかいけないだろうか。

欲しいゼブライールはたったの5匹。それで本日の指定品クリアとなるのです。

かなり厳しい状況だけどやってみよう。

今までにない逆境の中、太公望にシュリンプルアーを結んで釣り開始。

はい中止。

いかん、スニーク切れる。早く安全な場所に行かないと。

あああああっっっ。



合掌(-人-)

途中でスニークが切れて黒マンドラに見つかり一撃死。

その後もう一度戦闘不能になったりしまして、失った経験値を取り戻すため狩りに出掛けることになるのでございました。

ゼブライールが競売に出てないのも納得。あんな場所じゃ釣る気にならないってもんです。

見掛けた時には即買い決定!
posted by コロポ at 10:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 指定生産品 ▲ページTOPへ

 ねぎタル釣り日記 > 指定生産品 > どんこ釣りinラバオ

2006年08月04日

どんこ釣りinラバオ

ただいまヴァナ・ディールは、あますず祭りのメインイベントらしい「アジマスサークル」の真っ只中。

2人組必須のようなので、落ちまくりの私はこれを辞退。お荷物になるのはもうイヤなんじゃー。

Wiki攻略のURLをそっと貼り付けたところで、話題は釣りへと移っていくのです。

サボリがちだった指定生産品クエストも、レベル上げを終えてからはマメに行うようになり、あと40000ポイントで全アイテム入手可能、佳境とも言える段階に差し掛かりました。

今回のお題は大鈍甲。

今まで釣ったことのなかったこの魚。棲息地のラバオに行って初対戦してみるのです。




久し振りに訪れたラバオの町は、いきなりお祭りモード。本来のBGMがまだ耳に馴染んでいないわたくし、ラバオと言えばチンチキBGMという間違ったイメージがインプットされてしまいそうです。



サングラスが何かうさんくさいイベントNPC。やはり50ポイントの景品に関しては曖昧なことしか言いませんが、サルタバルタのいんちきテキ屋のようなあからさまな嘘っぱちで客を釣ってないだけ良心的と言えましょう。



金魚すくいにいそしむ人たちを眺めながら、オアシスで大鈍甲釣り開始。

釣具は疑似餌フロッグルアー。

ワームルアー辺りでサンドフィッシュも一緒に釣って指定品用にストックしておく手もありますが、あいにく金庫にもカバンにも余裕がありませんので、今回は大鈍甲狙い撃ちでいってみたいと思います。

大鈍甲のスキルは50。

サンドフィッシュも同じらしいので、その近辺ではどちらも掛かる餌を使ってスキル上げをしていくのもいいかもしれませんね。

ここに来られればの話になりますけども。

バストゥークからコロロカ、砂漠を経由しての長旅。特に西アルテパ砂漠にはLv50から見てもとてとてクラスが徘徊してますので油断できません。



ところで、ラバオには、釣りと関わりの深いNPCがいます。


こちらがその方、シブイおひげのエルヴァーンじいちゃんIrmilant氏。

なんと太公望の釣竿が折れてしまっても、特定のアイテムを用意できればこのおじいちゃんが直してくれるというのです。

必要なアイテムは、光のクリスタル2個と、神代木。

太公望を修理できる木工スキルをお持ちでない方、折れてしまった場合には慌てず騒がずIrmilantさんのお世話になりましょう。



さて、釣りの方は至って順調。

煌魚と見た目そっくりさんな大鈍甲ですが、気性は違ってそう暴れることもないのでたやすく釣り上げることができます。

もっとスキルの低いオオナマズなんかはかなり暴れててこずったりもするのに、どんこちゃんは素直で大人しいとてもいい子です。

指定品に必要な7匹もすぐに集まり、デジョンを唱えてラバオの町を後にするのでした。

砂漠の敵が強くて注意が必要ですが、比較的見通しがいいのが幸いして危なげなくラバオまで辿りつけました。

また大鈍甲やサンドフィッシュが指定品になったら、この砂漠の町に訪れてみましょう。
posted by コロポ at 09:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 指定生産品 ▲ページTOPへ

 ねぎタル釣り日記 > 指定生産品 > 3rd 釣りデビュー

2006年05月19日

3rd 釣りデビュー

いつだったか、指定品にカッパーフロッグの名が挙がった時がありました。

ポイント換算してもらえるのは28匹まで。

金庫に10匹取ってあったので、残り18匹。

どこの競売にも在庫はないようですが、そのくらいの数なら短時間で釣れそうな気がしたので、自力入手を狙ってみました。

1st、2nd、3rdの中から白羽の矢が立ったのは、釣り未経験、3rdキャラの遮那王でありました。


カッパーフロッグの棲息地はバストゥーク方面。中でも街中ということもあってバストゥーク鉱山区がよく知られています。

ちょうどその頃バストゥークに渡っていた遮那王くん。セルビナの品質管理クエストで名声上げをやったので、バストゥークの方はどうなっているのか確認しにきていたのであります。


Lv1ジョブで砂丘を駆け抜ける遮那王の勇姿。帰りはモンスターに突っ込んで死にデジョンを余儀なくされる、悲しい運命が待ち受けております。


いるならやれよとばかりに釣りに駆り出される遮那王。初めての釣りが魚ではなくカエルという辺りにも何かしら不幸な気配がします。


ハルシオンロッドと疑似餌フライを受け取り、バストゥーク鉱山区で釣りデビュー。川でも海でもなく、排水溝でデビューというのも悲しいものがあります。

ここで18匹のカエル釣りに挑戦。30分くらいでいけるでしょうか。

エルシモフロッグの時にも申しましたが、わたくしこのカエル系がとても苦手。引きが外道に似ているところがあって、竿の動きだけで判断していると釣る気のない物を釣ってしまう結果になってしまいます。

そんなわけでいきなり錆びたバケツげっと。記念すべき最初の釣り上げがバケツ。つくづく運のない遮那王であります。

でも、錆びたバケツ5個で商業区のクエストをひとつクリアできるので、あと4個釣ってみましょうか。

と余計なこと考えた結果フライ糸切れ。錆びたサブリガが掛かった模様。こんなこともあろうかと予備のルアーを用意しておいて正解でした。


やがてバケツも5個揃い、カエルも18匹集まって、初めての釣り終了の時間がやってまいりました。

予想通り約30分。32分だったかな。

この間に0.1アップx3回で、遮那王の釣りスキルは0.3に。1.0上がってしまえば合成スキルに表示も現れるのに、実に半端に終わっております。

こうして釣りデビュー、クエストクリアでバケツフィッシャーの有難くない称号も手に入れた、遮那王でございました。
posted by コロポ at 15:36 | Comment(2) | TrackBack(0) | 指定生産品 ▲ページTOPへ

 ねぎタル釣り日記 > 指定生産品 > 穴場なんて幻

2006年05月04日

穴場なんて幻

師範になったその足で、ギルドポイントと引き換えに新たなアイテムを手に入れました。

「ポイント地図」
数々の穴場が記された釣り用の地図。
調度品の一種。

必要ポイント15万!!

画像はこちらでございます。

レア・EX属性のこのアイテム、水の属性を持つ調度品ですが、モーグリの応援はモノが掛かりやすくなる例のあれではなく、なんと釣りスキルアップの効果なのです!

いくつ上昇するのかは表示されたりしないのでわかりませんが、検索して調べたところ+1なんだそうですね。

たかが1、されど1。釣りスキルアップの応援はかなり貴重なんじゃないでしょうか。

妄想癖のある私は、このポイント地図を手に入れると、記された場所で新たな魚を釣ることができるんじゃなかろうかなどと予想したのですが、そんな展開はどうもなさそうで、アイテム自体は単なる調度品、見て楽しむというか手に入れたことを満足するものであるようです。

残るはだいじなもの3点。必要ポイントの合計は24万。今10万くらい貯まってますが、まだまだ足りません。

今のところ必要のないものばかりなのですが、全種獲得を目標に、コツコツ指定品を納めていこうと思います。
posted by コロポ at 07:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 指定生産品 ▲ページTOPへ

 ねぎタル釣り日記 > 指定生産品 > 釣りは道連れ

2006年04月27日

釣りは道連れ

本日の指定品はエルシモフロッグ。昨日の森ブナから2日連続のユタンガ大森林行きです。

餌は疑似餌のフライを使用。

エルシモフロッグのスキルは29。ヒューム竿でも糸切れはなさそうですが、同じ餌で57のエルシモニュートも掛かるので、念のためハルシオンロッドでいってみましょうか。

チョコボに乗って、いつもの場所、マップF-7へGO!
 
釣り人はやはり昨日に続きピーヨヨさん。

昨日とまったく同じような展開ですが、今日はちょっとだけ状況が違ったのです。


てってれてれてれてってって〜ん♪とチョコボのテーマを口ずさみながら到着した釣り場には、思いがけず先客さんがいらっしゃいました。釣り人装備に身を包み、どうやら同じエルシモフロッグを釣っておいでのご様子です。

まったくもって失礼な話ですが、最初はモンスターかと思ってしまったことをここに白状します。ごめんなさい。

狭い場所なのでお邪魔かなと他の場所を探してみようとも考えたのですが、おもいきってお隣失礼していいですかと声を掛けてみると、どうぞと返してくださいました。ありがとうございます〜。


隣り合わせてエルシモフロッグ釣り開始。わたくしいまだにヒュームとエルヴァーンの見分けが遠目につきにくかったりするのですが、釣りをしている時は話が違います。フォームの違いから一目瞭然、こちらの方はヒュームさん。

今回のエルシモフロッグやカッパーフロッグといったカエル系、引きが外道に似ているところがありまして、まんまと騙され最初の一投からカッパーリングを釣り上げるピーヨヨさんであります。

やがてヒュームさんはお先に失礼しますと告げてデジョンで去っていかれました。わざわざ挨拶恐れ入ります、お疲れ様でした〜。

ほどなく私も必要な15匹を釣り終え、ヒュームさん同様デジョンで帰還したのでした。所要時間は40分くらいだったかな?

この間に、一緒に釣れるはずのエルシモニュートは、以前来た時と同じくたったの1匹。指定品では8匹納められるのですが、全部集めるとなるとかなりてこずりそうですね。

釣りから話が逸れますが、何度か訪れているこのユタンガ大森林、天候表示のマークが2つついたりすることもあるんですね。熱波が2つだったり雨が2つだったり。どれだけ暑いのかと、どれだけ降水量があるのかと、そんな驚きに包まれたユタンガのジャングルでございました。
posted by コロポ at 23:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 指定生産品 ▲ページTOPへ

 ねぎタル釣り日記 > 指定生産品 > 風邪ニモマケズ

2006年04月26日

風邪ニモマケズ

昨夜からゾクゾクするんで怪しいなと思っていたら、やっぱり風邪ひいた(´Д`;

高熱を発して寝込みながらも、気になってならない指定品。

今日の出題は見習クラスから。イエローグローブやシュヴァルサーモンなら手持ちがあったと思うし、キュス辺りなら釣りギルドで買えることも多いので、サクッとクリアできるはず。

ノソノソと起き上がってヨロヨロとPCに向かい、ログインして一路釣りギルドへ。

お題、森ブナ。

マジでか・・・。

滅多に競売に流れることのない魚。案の定出品はありません。

1匹45ポイント。上限は36匹で1600ポイント。

けっこうてこずる魚なのにこれだけ釣ってこの程度のポイントですから、今日は見送ってもいいかもしれません。

しかし、熱にうなされ鈍った判断力。自力で釣ってやろうじゃないかと思い立ってしまったのです。


釣り場はユタンガ大森林。

ジュノ港にピーヨヨさんがいるからそのまま飛空艇で行ってもらおうと、餌である虫ダンゴの材料を揃えるコロポ。アラゴーニュが獣人の手に落ちて調理ギルドのミリオンコーンの値が跳ね上がってますが、こんなこともあろうかと金庫に保管しておいたものがあります。

ピーヨヨさん宛てに宅配準備完了。

そしてここで力尽き、ログアウトして床に伏せるのであった。



弱っているとはいえ人間寝るにも限度があるもので、自然に目が覚め気付けば夕刻。

風邪か寝過ぎか頭がガンガンしますが、どうしても気になる指定品。


コロポからの荷物を受け取り、やってまいりましたユタンガ大森林。以前マップ無きまま辿り着いたのと同じ場所、F-7の突き当たり。蜂のモンスターが1匹いますがアクティブじゃないので相棒扱いです。

画像はこれより前に指定品のエルシモフロッグを釣りにきた時のものだったりしますが、レベルも衣装もまったく変化無しなので細かいことは気にせずに。

最初はヒューム竿でやってみたのですが、いきなり時間ギリギリだったのでハルシオンロッドにチェンジ。

あぁ、堀ブナと9しか変わらないスキル20の魚だというのに、どうしてこんなに釣りにくいのでしょうか、この森ブナは。

うう、しんどい。リアルで。

体調が優れず1時間もせずにログアウト。現在の釣果:森ブナ11匹。



食欲を取り戻した宵の口。

本日3度目のログインをし、1時間半ほどで指定品終了となりました。

最終的に、堀ブナ62匹、森ブナ36匹という釣果。

HP減らしにくいのに加えて数も釣れないと考えていた森ブナですが、エルシモフロッグ15匹を釣る内にたった1匹だったエルシモニュートに比べれば楽勝と言えますね。


さて、おとなしく寝るとしましょう。
posted by コロポ at 23:56 | Comment(3) | TrackBack(0) | 指定生産品 ▲ページTOPへ

 ねぎタル釣り日記 > 指定生産品 > フナ、買っちゃった

2006年04月25日

フナ、買っちゃった

午前1時近くにINしたらいきなりメンテの告知。せめて指定品だけでもと大急ぎで釣りギルドへ。

お題は堀ブナ。

太公望目指して10000匹釣った魚。ここに来て初めて競売で購入してみました。序盤にはお金稼ぎのために釣って出品してましたが、今度は買う側に。なかなかに感慨深いものがあります。

ギルドポイントに換算してもらえるのは43匹まで。競売では3ダース、36匹だけ購入させていただきまして、残りは自力で釣ってみました。

リトルワーム10匹を消費するまでに、ザリガニ1、ゴールドカープ1、外道1も掛かりつつ、堀ブナ7匹ゲット。合計43匹を納めて本日の指定品終了となりました。

太公望で釣ってみた感じ、HPの削り方はヒューム式釣竿と同じくらいでしょうか。

やはり堀ブナにはヤナギの釣竿が一番強いのかな。場合によっては釣りのBGMのイントロが終わる前に釣り上げとなるほど優秀です。

ちなみに現在の堀ブナの相場、ウィンダス競売で1ダース15000ギル。売れ行きや釣果を考えると、安定した収入を見込める魚なんじゃないかと思います。

お小遣い稼ぎには、ぜひ堀ブナを♪
posted by コロポ at 02:14 | Comment(5) | TrackBack(1) | 指定生産品 ▲ページTOPへ

 ねぎタル釣り日記 > 指定生産品 > ブブリムの追憶

2006年03月24日

ブブリムの追憶

本日の指定品はシルバーシャーク。初の高弟ランクからのお題です。

印可目指してスキル上げ中に釣ったものを金庫に保管しておいたので、その中から4匹納品。5360ポイントの加算となりました。

高ランクの魚になると1匹当たりのポイントも高くなってきますねー。その分釣るのが難しくなってくるので当然と言えるかもしれません。


今日はふと思い立って、1500ポイントと引き換えに「ロバー針」をもらってみました。これは鉤を魚に引っ掛けて釣り上げるという特殊な釣具。ただし魚はあまり掛からなくて、外道や貝類を釣るのに向いているようです。ローグ針とよく似ていますね。

ずっと前やってた時は、複合素材の竿+ローグ針の組み合わせでシャル貝釣りまくってました。防御力を上げる食事「ミスラ風海の幸串焼き」で使うため高値で売れると知り、けっこう早い段階で釣り始めたように思います。

場所はブブリム半島の海。ここだと外道の錆びたキャップや鎚鉾も掛かり、これがお店で2500ギルくらいで売れてけっこうな稼ぎになっていたのです。

ところがある日突然修正が入り100ギル前後に。合成資金を貯めていたところだったのでひどくショックを受けたのでした。

当時の釣りスキルは、確かシャル貝の上限に届いて次どうしよってところまで行ってたんだっけな。今回すでにそれを越え、太公望まで手にしている辺り、実に感慨深いものがあります。

と、指定品の話のはずが、なぜか昔話ばっかりになってしまったのであった。
posted by コロポ at 03:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 指定生産品 ▲ページTOPへ

 ねぎタル釣り日記 > 指定生産品 > 釣り人装備versionIII

2006年03月23日

釣り人装備versionIII

高弟になったその足で、目標としていた「漁師エプロン」をゲットしてみました。


胴はエプロン足はウエーダー。体型の違いが現れております、お隣にいらっしゃいます指定品担当のお姉さんとお揃いとは思えません。

それまで着ていたフィッシャチュニカの釣りスキル+1の効果が外れてしまいましたが、その代わりに漁師エプロンにはモノ=錆びたサブリガなどの外道ですね、それらが釣れにくくなるというこれはこれでありがたい効果があるのですねー。

腕と脚にそれぞれ+1、ウエーダーに+2がついてますので、装備によるサポートの合計は、釣りスキル+4&モノが釣れにくいという具合になっております。

これで外見的には一人前の釣り人になれたかな?

今回でギルドポイントの残りは10万くらいにまで減りました。交換できる物を全部もらおうとするとまだまだ足りません。どんどんポイント貯めていくぞー!
posted by コロポ at 03:44 | Comment(2) | TrackBack(0) | 指定生産品 ▲ページTOPへ

 ねぎタル釣り日記 > 指定生産品 > ダークバス狙い撃ち

2006年03月10日

ダークバス狙い撃ち

本日の指定品はダークバス。スキル上げの時にバストゥークで釣りまくった魚ですが、サルタバルタにも棲息しているので、ちょうどウィンダスにいたピーヨヨさんに行ってきてもらいました。


場所はこちら。ウィンダス港から西サルタバルタに出て、道なりに北に向かってすぐのところ。対岸に見えるモニュメントのようなもの、あれはいったい何なのでしょう。気になりますねー。

ここ、コロポLv10の時にオオナマズに挑みモンスターを釣っちゃって戦闘不能になったり、ピーヨヨさんLv1で来た時には背後に迫るゴブリンのプレッシャーに耐えかねて早々に退散したりと、さんざん苦労してきた場所でもあったりします。

しかしLv20となった今、この辺りのアクティブモンスターに襲われることはありません。モンスターを釣り上げたとしても打ち勝つことができるでしょう。成長したなぁ(遠い目)

最近愛用のヒューム式釣竿にワームルアーの組み合わせでダークバス狙い撃ち。何も釣れないことも時々ありましたが、それほどてこずることなく必要な分の36匹が集まりました。これを渡して本日の指定品クリア。

というのは真っ赤な嘘で、ここまでの話は前回指定された時のものでございます。スミマセンスミマセンスミマセン。

今回は競売に出品があったので落札させていただいて時間短縮。浮いた時間でより高額の魚を狙った方が効率的といういやらしい打算が働いています。

実は、水産物市場の活性化に少しでも繋がればいいなという思いも密かにあったり。

以前は合成に使われない魚はほとんど競売で見掛けないという状況でした。これが指定生産品クエストの追加でずいぶん変わってるのかなと予想してみたのですが、結局相変わらず。指定品にはランダムな要素もあってコンスタントに売れるわけじゃないので当然と言えば当然なんですけどね。

せっかくたくさんの魚がいるのにもったいない!

いろんな魚が競売に並ぶような新要素の追加、釣り好きの1人として待ち望んでおりまする。
posted by コロポ at 13:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 指定生産品 ▲ページTOPへ

 ねぎタル釣り日記 > 指定生産品 > NO MAP ぶらり旅

2006年03月04日

NO MAP ぶらり旅


無意味にちびタル女子に変身して帰りの飛空艇を待つピーヨヨさん。

本日の指定品はサンドフィッシュ。バストゥーク鉱山区から行けるツェールン鉱山を抜けた先、コロロカの洞門で釣れるということがわかりましたので、堀ブナ釣りも終わって出番が少なくなっているピーヨヨさんに行ってきてもらいました。

MAP持ってないんですけど、それはコロポも同じこと。前にフレンド氏に連れていってもらったラバオで買い損ねています。

戦闘不能に備えてLv1ジョブ、近くの敵を感知できるシーフにチェンジ。どうせ見つかったら一撃死、装備無しで釣具だけ持っていきましょう。

念のためホームポイントを鉱山区に移し、いざコロロカへ!

釣り場どこー?

事前にヴァナーな。さんやFishing GO GO!さんでMAPを確認させていただいたのに、てんで頭に入っていません。これぞ方向音痴な中の人の実力。やはり地図無しは無謀だったか!?


それでもなんとか水辺発見。周辺にもちょこちょこと水溜りがありますが、ターゲットした相手にSeaMonkというヤバイ名前を確認したのでうろちょろ禁止です。

コウモリの羽音がワサワサ言う中、ハルシオンロッドにワームルアーをつけて釣り開始。しばらく続けてみるのですが、なんだか外道の引きばかり。

ん、待てよ?釣ったことないから知らないだけで、ひょっとしたらサンドフィッシュって外道によく似た動きをするのかもしれないぞ?ちょっと試しに釣り上げてみようか。なんて余計なこと考えたのが運の尽き。

ミシミシメキッ!

ハルシオンロッド折れた(つД`)

あぁ、またやってしまいました。ブレードフィッシュに続いて2回目の、折る気無しでの竿折れ。いったい何が掛かったのよ。後で調べたら珊瑚のかけらというのが掛かるようですが、犯人はこれだったんだろか。オボエテロー!!ヽ(`Д´)ノ

幸いヒューム式釣竿と複合素材の竿、予備のルアーの持ち合わせがあったので、釣具を替えて再挑戦するのですが、釣れる気配は一向に無し。

そして、どうもここは違う、サンドフィッシュは別の場所にいるっぽいぞと移動開始。ほどなく巨人にボコられてホームポイント強制帰還となったのでした。

うーん、不慣れな場所でMAP無しはやっぱり厳しいですね。またラバオに行く機会があったら今度こそ地図を買っておきましょう。


帰還したバストゥーク鉱山区での1コマ、マンドラくんを捕獲した子ミスラトリオの図(違)

パーティに入れてもらってヒシモチたくさんゲットした上、かねてから気になっていたマンドラゴラへの変身方法も教えてもらっちゃいました。以前のイベントアイテムで変身できるそうですねー。今後手に入れる機会はあるかなー?

竿は折れるし魚は釣れないしでションボリとなってましたけど、最後に楽しい時間を過ごさせていただきました。感謝感謝です。
posted by コロポ at 04:36 | Comment(2) | TrackBack(0) | 指定生産品 ▲ページTOPへ

 ねぎタル釣り日記 > 指定生産品 > 釣り人装備versionII

2006年02月24日

釣り人装備versionII

念願の太公望を手に新たな釣りの旅に出掛ける前に、指定生産品クエストの景品「ウエーダー」をもらって旅支度を整えてみました。


左が今までの釣り人装備、右がウエーダーを着用したもの。外見的な違いもおわかりいただけるでしょうか。

ウエーダーは釣りスキル+2の効果がついた足装備。それまで使っていたフィッシャブーツよりさらに1多く上昇します。70000ものギルドポイントとの引き換えになりますが、スキルが1違うと魚の釣れ方もけっこう変わってきたりしますので、もらっておいて損はないはずです。

次の目標は「漁師エプロン」。必要ポイント100,000!

実はとっくにポイント貯まってるんですけど、高弟にならないともらえないようなので当分おあずけです。

そう言えばずいぶん前に腰装備の「漁師ベルト」をもらったりもしました。これは上級サポートと同様の効果が得られるエンチャントアイテム。10000ポイント、3時間x15回の使い捨てっぽい、ということでもったいなくて使ったことないんですけど、いつかほんとの強敵に挑む時にはお世話になりそうですね。

戦闘用装備から釣り用装備への着替えマクロも用意して、準備万全。ひとまず高弟目指して頑張るぞー!
posted by コロポ at 17:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 指定生産品 ▲ページTOPへ

 ねぎタル釣り日記 > 指定生産品 > ザリガニトラップ

2006年02月22日

ザリガニトラップ

今回の指定品はザリガニ。リトルワームを使えば堀ブナと一緒に釣れるので、太公望クエと並行できていい感じです。

と思いきや!

なかなか釣れな〜い。

釣りスキルが高くなると、同じ餌で釣れる魚でも、よりスキルの高い方、キャラのスキルに見合った魚が釣れやすくなるという話があり、これはよく実感していました。ウィンダス港でもバストアサーディンよりキュスがよく掛かるようになったり、虫ダンゴで堀ブナを釣っている時も、スキルが高くなるほどにゴールドカープの掛かる頻度も高まってきています。

スキル59のコロポでリトルワーム使用だと、魚の釣れやすさは、堀ブナ>>>ゴールドカープ>ザリガニ、といった順になりました。堀ブナ6ダース釣る内に、ゴールドカープが16匹、ザリガニがやっと13匹という内訳。

ピーヨヨさんがスキル一桁の時にじゃんじゃん釣っていたザリガニが、今では大変貴重な獲物に。

結局19匹まで自力で釣った後は、競売で2ダース購入させていただきました。合わせて43匹、ポイント換算してもらえる上限をギルドに納めて指定品クリア。

思いがけず難敵となったザリガニに翻弄された、本日の指定品でございました。
posted by コロポ at 01:55 | Comment(2) | TrackBack(0) | 指定生産品 ▲ページTOPへ

 ねぎタル釣り日記 > 指定生産品 > 自信はない予感の話

2006年02月02日

自信はない予感の話


コロポのお古のバロン装備(胴と脚限定)に身を包み、シュ・メーヨ海を望むピーヨヨさん。髪の色と合わずどうしようかと悩んでましたが、見慣れてきたらけっこういいかも。

この日の釣りギルドの指定品はブルーテール。スキル上げの時に釣った分はとっくに在庫切れになっていたので、コロポに代わってピーヨヨさんに釣ってきてもらいました。ハルシオンロッド+ミノーで釣れるブルーテールとコーンカラマリ、どちらでもスキルアップを狙えていい感じです。

ブルーテールとコーンカラマリの引きの違いは、キュスとバストアサーディンのそれによく似ていて、掛かってすぐに竿を引かれたらブルーテール、一拍あったらコーンカラマリといった具合。

そして多くの海で釣れるコバルトジェリー、このクラゲの引きは特徴的。掛かったはいいけどなかなか竿が振れません。時にはイラッと来るほど動かなくて、そのせいでHPを減らせず時間切れになることも。左右どちらかに動いてしまえば簡単にHP0にできるのに、まったくもってコマッタちゃんです。

さて、在庫と合わせて30匹を目標にブルーテールを釣っていくのですが、一応釣り人の予感も何とは無しに見てましたら、ある時大物=モンスターの引きで、こんなのが。

     「自信はないが釣れそうな予感がする……。」

サルタバルタでブレードフィッシュの時にはお目に掛かることのなかったメッセージ。

実は先日、フィッシュランキングのお題を聞くためセルビナに向かう船の中、ちょっと試しにと釣り糸を垂らしたら、さっそくこの「自信はないが」が来まして。危ないのでキャンセルしたのですが、やっぱりモンスターだったのか!?

そして後日、本日になるわけですが、指定品のオオナマズを釣りにいった西サルタバルタの池でも「自信はないが」のメッセージ。釣り上げてみたらやっぱりモンスターでした。1回しかこのメッセージが来なかったので魚も釣れるかまでは今のところわかりませんけど、とりあえずモンスター釣れは確認。

これで「なんとなく」「しかし、イヤな」「自信はないが」ではモンスター釣れ有りということがわかりました。こんなのもきっと周知の事実なのでしょうが、あえて自分で調べていきますよー。
posted by コロポ at 17:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 指定生産品 ▲ページTOPへ

 ねぎタル釣り日記 > 指定生産品 > イワシの引きの話

2006年01月11日

イワシの引きの話

昨夜は釣りギルドの指定生産品クエストだけやってきました。

印可の私へのお題はバストアサーディン。50匹までポイント換算してもらえます。

ハルシオンロッドもさびき針も常時持ち歩いているので、さっそくギルド前の海でイワシ釣り。

ウィンダス港でさびき針だとキュスも掛かるのですが、時間短縮のため釣り上げずにキャンセル。よく見るとバストアサーディンとは引きが違うので判別可能なのです。

魚が掛かって竿がギィと軋んでから、一拍あってギィと引っ張られたらバストアサーディン。

最初のギィから間を置かずにギィとなったらキュス。

「ギィ、ギィ」=バストアサーディン、「ギィギィ」=キュス、といった感じでしょうか。

加えて錆びたサブリガなどの外道の場合は、最初のギィから次のギィまでがさらに長く、「ギィ・・・ギィ」と、竿が傾くまでにしばらく静止する感じ。サブリガで糸切れしたらさびき針がもったいないので、この引きもEscキーでキャンセル。

この要領でバストアサーディンだけ50匹釣り上げ成功。キュスだけ釣りたい時にも応用可能ですね。

良かったらお試しを〜♪
posted by コロポ at 10:34 | Comment(2) | TrackBack(0) | 指定生産品 ▲ページTOPへ

 ねぎタル釣り日記 > 指定生産品 > 三日月魚の奇跡

2005年12月07日

三日月魚の奇跡

大変です。PC共有の悲劇、先日ご紹介したコレピク正式サービス開始と同時に家族が本腰入れてやり出したおかげで、わたくしのFFXIプレイ時間が大幅にカットされております。


太公望の釣竿ゲットもずっと先になっちゃうのかなぁ。コロポくんも飛空艇を眺めてたそがれております。

そんな中、釣りギルドの指定生産品に三日月魚の名が挙がりました。この前なかなか釣れないながらもクエスト用の4尾は確保しておいたので、モグ金庫から出してきてトレード。

なんだかあっけなく終わってしまい、物足りなさを募らせるコロポくん。最近は出番も少なく、モグハウスにこもりがちです。ちょっとお外に出てみましょうか。


というわけでやってまいりました、東サルタバルタはおたまじゃくし池。しばらくぶりのフィールドに、コロポくんも大はしゃぎです。


なんかおっきいのがいますよー。ここで釣れる大物・モンケオンケとは形が違うようです。ひょっとしてあれが三日月魚?あんなでっかい魚だったのか!?

今後三日月魚が指定された時のためにも、このおたまじゃくし池で、ある程度釣っておこうと思います。目標1ダース。三日月魚を渡せるのは4尾までなので、1ダースあれば3回指定されても大丈夫。

ハルシオンロッドに疑似餌フライをつけて、三日月魚を狙い撃ち。糸切れしやすい錆びたサブリガが掛かるようなので、外道と思しき引きはキャンセル。モンスターも言わずもがなです。

どうも上のSSの辺りだと、ヤグードなどのアクティブモンスターは来ないようですね。この前釣った時は周りを警戒しながらでしんどかったので、襲われなくなるレベルまで育てようかとも考えたのですが、その必要もなさそうです。

うーん、やっぱり釣れないねぇ、三日月魚。

なかなか釣れないと嘆いていたシルバーシャークも、三日月魚と比べたらよく釣れる方。

「何も釣れなかった。」の嵐の中、時々外道やモンスター、もうやめようかと思った頃に三日月魚が来る感じ。

それでも辛抱強く釣ってましたらね、なんなのでしょう、しばらく釣りスキル上げをしていなかったので何かがみなぎっていたのでしょうか、12匹目で糸切れして引き返すまでに0.5もスキルアップ!これかなりの確率ですよ。うおぉなになに三日月魚ってもしかしてスキル上がりやすいの?などと考えたりしちゃいましたよ。まぁたまたまなんでしょうけどね。

フライの替えを求めて釣りギルドに行ったら、2300ギルくらいで三日月魚が売られていたので、1尾買って1ダースにしてみました。結局楽な道を選んでしまう不甲斐ないやつ。

でも、いずれまたスキル上げを再開した時には、この三日月魚をターゲットにするかもしれません。その時にも1ダースで0.5アップの奇跡くるかなー?と、たまたまとは思いつつも儚い希望を抱いてしまうのでした。
 
 移転元からコメント転載しました
posted by コロポ at 04:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 指定生産品 ▲ページTOPへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。