ねぎタル釣り日記 > ヴァナ日記 > 生存報告〔2007冬〕

2007年12月23日

生存報告〔2007冬〕

さて。
ブログは放置しっぱなしながら、FFXIはやっていたのであります。


いろいろ進展があったのですが、こんな画像1枚でお茶を濁してみましょうか。

釣り日記と銘打つ割に釣りなんてほとんどしておらず、
レベル上げやらの戦闘関連ばっかりやっていたという人の変わりよう。

レベルなどの変化のほどはXI-Profさんに頼りまして、ひとまずこれにておいとまを。

皆様1年お疲れ様でした。良いお年を〜。
posted by コロポ at 19:36 | Comment(4) | TrackBack(0) | ヴァナ日記 ▲ページTOPへ

 ねぎタル釣り日記 > ヴァナ日記 > 小休止

2007年01月30日

小休止


 じゃじゃん。

 50KBくらいあって重いんで
 小さめサムネイルで表示してみました。
 さっき届いたプレイオンラインメールでございます。


ほとんどログインしていないのに月々納金してるのはもったいない。
よってひとまずコンテンツ解約、3ヶ月目に復活でやってみようと。

2、3、「4月」、5、6、「7月」、8、9、「10月」、11、12、「1月」 ふりだしに戻る

復活させる月を忘れないようメモっておかないとだな。

先代コロポを電子の藻屑と消え去らせたことのある前科持ち。
せっかく釣りスキル100や赤魔道士50になったんだし、
今度のコロポは消さないように気をつけないと!

それでも念のため記念撮影してきてる辺り、自信の無さが窺えます。

posted by コロポ at 23:26 | Comment(4) | TrackBack(0) | ヴァナ日記 ▲ページTOPへ

 ねぎタル釣り日記 > ヴァナ日記 > なるか、三度目の正直

2007年01月23日

なるか、三度目の正直

2日連続バタリアのMPK祭りと遭遇できず。
しかし今日こそは。
時間は夜10時頃。ちょうど賑わう頃合いなはず。
見られても見られなくてもこれで最後、そう決め込んでバタリアへ。

二度あることは三度あるとはよく言ったもんで。
さよならバタリア祭り。

ずいぶん前、ボヤーダ樹のアクティブゾーンで回線落ち、復帰と同時におっちんでいたコロポ。
せっかくだからその辺の敵から経験値もらっとこうかと歩き回るものの、
Lv50じゃどこ見ても練習相手にならないやつばかり。

トレントでも倒してから帰ろうかと探し回るも、どこにも見当たらず。

行ったことのない北西の高台に登ってみようかと足を伸ばすが、 
どうやらバタリア側からは行けないようで入り口らしきものは無し。

八方塞がりとはこのことか。ムキーッ!


腹いせにゴブリンのキャンプ襲撃。
片っ端から薙ぎ倒してフラストレーションを発散させるコロポであった。
posted by コロポ at 23:22 | Comment(2) | TrackBack(0) | ヴァナ日記 ▲ページTOPへ

 ねぎタル釣り日記 > ヴァナ日記 > 平和な我が世界

2007年01月22日

平和な我が世界

バタリア丘陵で開催中というMPK祭り。
昨日見物しに行った時にはお目に掛かれなかったので、本日また出掛けてまいりました。
20日以上もINしてなかったのに、こんな時には連日ログインも辞さない辺り、
野次馬根性の逞しさに我ながら呆れ返ります。

見に行くだけでは何なので、せっかくだから殺してもらおうと。
私を。
殺される側の目に映るものはどんな光景なのか見てみようという寸法です。


季節外れをものともしない水着姿。

気楽に殺してもらえるよう、Lv1ジョブにチェンジしてまいりました。
ためしに殺しておくれ、みたいなサチコメ。穏やかじゃない文面です。

ところが。
MPKやってる人が見当たらず。
サーチしても15人くらいしかいないし。

サチコメ消して装備も外して業者キャラになりすましたりもしつつ
釣りをしながら2時間ほど粘ってみたんですが、結局何事も起きませんでしたとさ。

他のワールドの騒ぎがまさに異世界の出来事のように思える、
どこまでも平和なミドガルズオルムです。
posted by コロポ at 22:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | ヴァナ日記 ▲ページTOPへ

 ねぎタル釣り日記 > ヴァナ日記 > RMT vs MPK

2007年01月21日

RMT vs MPK

近頃バタリア丘陵が大騒ぎになっているらしい。
なんでもRMT業者の寝釣りキャラが多数POPしているとかで、
それをMPKによって排除することがワールド問わず流行しているというのだ。

ついに鬱憤が爆発したか!?

きな臭いものを嗅ぎ取った私は、ログイン障害に行く手を阻まれながらも、
今年初となるログインを決行、バタリア丘陵へと進路を取った。


だれもいねー。

北も南も人気無し。
ミドガルズオルムワールド、相変わらず平和です。

別のワールドの模様を見る機会があったのですが、これがもうひどい。
寝釣りキャラの数、半端じゃない。気味悪いくらいいる。

そういうのをMPKで掃除すると。
MPK対策はなされたようでいて、実は抜け穴も残されていたわけです。

さて、業者と間違われたか、このバタリアでMPK未遂の被害に遭ったことのあるわたくしが
今回の騒動に送る言葉をひとつ。

やっちまえ。

遊びのゲームに本気の労働を持ち込むやつらがいるからおかしくなるのじゃ。

ただしペナルティを課せられることも考えられるので、自己責任でお願いします。
それと一般プレイヤーを巻き込まないよう、できうる限りの配慮を忘れずに。
MPKは間違いなく悪。一般プレイヤーに迷惑掛けて開き直っちゃRMT業者と同類です。

実は他のゲームじゃ業者やツーラー殺しの常習犯だったわたくし。
いつアカウント剥奪されても文句無しの覚悟でやってたもんです。
FFは長く続けたいんで大人しくしてますけども。キャラ弱いしね。

真面目に釣りをなさっている方、今の盛り上がりじゃ仕方ありません、
巻き添えを食わないよう、業者キャラとは離れた場所でやっときましょう。
一番伝えたかったのはこれなのよ。釣り人の皆さん気をつけてくださいね。
posted by コロポ at 16:51 | Comment(2) | TrackBack(1) | ヴァナ日記 ▲ページTOPへ

 ねぎタル釣り日記 > ヴァナ日記 > 最初の罠・優待券

2006年04月28日

最初の罠・優待券

冒険者優待券を渡す相手はどこにいるの?

そんなヴァナ・ディールからのSOSを受信したコロポでございます。

オープニングイベントから立て続けに説明があるので、え?なになに?と思ってる内によくわかんなくなっちゃうんですよね。私の場合はマップを開くところまでは把握できたのですが、マーカーの見方がわからなくてそれで行き詰まってしまいました。

勝手のわからない世界でのはじめてのおつかい。つまずいても何ら恥ずかしいことなどないのです!(開き直り)

ゴールデンウィークの連休からFFXIを始める方もいらっしゃるかもしれません。攻略サイトに詳しく載ってるとは思いますが、不運にも検索などでここに迷い込んでしまった方のために向けて、冒険者優待券を渡す相手を記してみようかと思います。

コントローラ不使用につき、キーボード操作での説明になります。


冒険者優待券を渡す相手は、初めてヴァナ・ディールに降り立ったエリアにいますので、まずそこに移動しておきましょう。

 
《マップの見方》
メニューの一番下にそのものズバリ「マップ」という項目がありますので、それを選択。
今いるエリアの地図が現れましたね。
ログイン後に初めて開いた時は、かなりズームアップされた状態で表示されていますので、PageUp PageDownのキーを使ってお好みに調節してください。

右上の方に「マーカー」という所がありますので選択。これは大事な場所などに自分で目印をつけることができる機能ですが、ここでは説明を省きますね。
左右どちらかの方向キーで、マーカーの種類を変えることができます。
緑色のマーカーがひとつ表示されていませんか?それが冒険者優待券を渡す相手の居場所です。
地図を頼りに探してみましょう。


《NPCの居場所》
ネットで調べた上で、念のため3国回って確認してまいりました。

ウィンダス編
 ウィンダス森の区  F-8 Jack of Spades
 ウィンダス水の区  L-10 Jack of Hearts
 ウィンダス港     L-4 Jack of Clubs
いずれも生命の宿ったカカシ「カーディアン」です。モグハウスの近くにいます。

バストゥーク編
 バストゥーク商業区  G-8 Reet
 バストゥーク鉱山区  K-8 Arva
 バストゥーク港     J-12 Dulsie
いずれもヒューム女性。商業区は噴水からモグハウスに向かう途中、他はやはりモグハウスの近くにいます。

サンドリア編
 北サンドリア J-8 Matildie
 南サンドリア I-9 Ailevia
 サンドリア港 I-8 Teilsa
ウィンダスとバストゥークは話し掛けるといろいろ教えてくれるのですぐにそれとわかるのに、なぜかサンドリアはそれっぽいことを言ってくれないので判断が難しいですが、たぶんこれで合ってるんじゃないかと思います。居場所はまちまちなのでマーカーと座標を目安に探してください。


《トレードの仕方》
ウィンダスとバストゥークなら冒険者優待券を渡す相手に教えてもらうこともできます。サンドリアはどうなんだろ。ちょっとわかりません。

メニューから「トレード」を選び、渡す相手にターゲットを合わせて実行。ターゲットしておいてからトレード選択でも可能です。

渡すアイテム、ここでは冒険者優待券を選択して、決定。

これで終了。冒険者優待券の呪縛からの解放の時です。スッキリしましたね!心置きなく冒険の旅に出発してくださいませ。


これに付随して、モグハウスはどこ?と尋ねられたこともありますので簡単に。地図を見ると一目瞭然、これがモグハウス=居住区の印ですのでひとっ走りどうぞ〜。
posted by コロポ at 09:10 | Comment(4) | TrackBack(0) | ヴァナ日記 ▲ページTOPへ

 ねぎタル釣り日記 > ヴァナ日記 > お祭り騒ぎのアトルガン

2006年04月21日

お祭り騒ぎのアトルガン

釣り日記と銘打つ割りに最近釣りの話題が乏しいですが、釣りをしてないわけではありません。ただ進展がないだけです。指定品だけやってログアウトするような日々の続く今日この頃でございます。

さてさて、拡張ディスク「アトルガンの秘宝」リリース。いつまたFFに飽きるともわからないということも考慮に入れた計画書に基き未購入ですが、やはり気にならないはずがありません。

追加ディスクによるコンテンツ拡張にリアルタイムで居合わせるのは初めてということもあって、ちょっとしたお祭り気分。「祝☆アトルガン&xbox版スタート」などとサーチコメントに入れたりも。

きっとヴァナ・ディールはアトルガン祭り、皆さんさぞや盛り上がっておいででしょう。

と思いきや!そんな私の予想とは裏腹に、起こっていたのはもっと別の祭りだったのです!


あちらこちらのFFXIブログさんでお見掛けしました「リトライ祭り」の記述。

実際に画面を見てないのでハッキリとわからないところもありますが、なんでも「拡張コンテンツの登録ができない」という状況と。公式発表では「登録情報管理サーバーへのアクセス集中」によるものらしいです。

オンラインゲームではサービス初日などはアクセス集中による混雑、さらには認証サーバーのダウンなどもよくあること。

と単なる1消費者に過ぎないわたくしめですら認識しておりますので、4年もやってる運営側も予測可能だったはず。何かしら予防策を講じることはできなかったのでしょうか。

この日を楽しみにしていた方が気の毒でなりません。

新規加入のユーザーもいると思いますし、いきなり悪いイメージを植えつけてしまいましたねぇ。

【残念です。】



そんな中、幸運にもアトルガンエリアに上陸、早くも新ジョブを獲得なさった方々もおいでです。

気になっていたジョブを指定してサーチ、コメントを覗き見させていただきますと、「楽しい」「お人形可愛い」という感想が目立ちます。

ああぁ、やっぱりいいのかからくり士!

My計画書崩壊の危機。プロマシアより先にアトルガンに手を出してみたい、そんな誘惑が。

バストゥーク商業区にNPCからくり士と人形がいるそうなので、今度見に行ってみよっと。
posted by コロポ at 14:52 | Comment(2) | TrackBack(0) | ヴァナ日記 ▲ページTOPへ

 ねぎタル釣り日記 > ヴァナ日記 > お外に出よう

2006年04月19日

お外に出よう

Welcome to Midgardsormr

知人からワールドパスをもらってミドガルズオルムワールドに降り立ち、初めてこのシステムメッセージを目にした時は、ちょっと感動したものです。おおっ歓迎してくれてるよと。

ウィンダスの街中ををうろうろしていたら釣りをしている人を発見。ほほぅあれが雑誌で目にした釣りシステムかと少し離れた所で見物させていただいてましたら、「その人はコロポをじっとみつめた」のログが。/bowでお辞儀できることなども知らず、うおぉ見つめられてるどうしようとパニックに陥ったりもしつつ。

FFXI新規ユーザーの方、冒険者優待券を渡す相手はすんなり見つかりましたでしょうか。わたくしこの時の説明を把握できていなかったせいで、クリアしたのは数日後。人の話はよく聞きましょう自分。

さぁ、出発国を一通り回ったところで、お外、フィールドに出てみましょう。どんな世界が広がっているのでしょうか。


モンスターと戦ってみよう!

サンドリアならロンフォール、バストゥークならグスタベルグ、ウィンダスならサルタバルタ。初めて見るフィールドの景色はいかがでしょう。BGMは気に入りましたか?

私的に一番印象に残っているのが、初めてフィールドに出たこの瞬間。皆さんの記憶にも強く残るかもしれません。


お、あそこにモンスターが。ちょっと戦ってみましょうか。

この時、まずモンスターにターゲットを合わせて「調べる」を行なってみましょう。これで自分と相手の力関係がわかります。見た目も名前も同じモンスターでも強さは違ったりすることもあるので、戦闘前にまず「調べる」習慣をつけましょう。

Lv1ソロの場合は「丁度いい相手」以下を狙っていきましょう。「自分と同じ強さ」や「強そう」な相手は危険。先に進むに連れ敵も手強くなり、ソロでは「楽な相手」にも苦戦するような状況が待ち受けております。

ロンフォールとグスタベルグならミミズのモンスターが手頃なのかな?うねうねと蠢いて若干気持ち悪いんですけども、その場から動かないという性質を持ちますので、ピンチになったら逃げちゃいましょう。

サルタバルタならマンドラゴラでしょうか。愛嬌のあるモンスターなので倒すのはちょっとかわいそうな気もしますけれど。

戦闘開始を選択。キャラが武器を構え、BGMは勇ましいものに変わります。この状態で敵に近付けば自動的に攻撃してくれます。黒魔道士なら離れた場所からストーンをお見舞いしてあげましょう。

キャラが掛け声を発していますね。私が使っているたまねぎ頭のタルタルだと「ホニャッ!!」とか言ってます。たぶん「オリャッ!!」なんでしょうが、声が高めなせいで「ホニャッ!!」と聞こえるんですよ。なかなかオマヌケでグッドです。

戦闘終了。減ったHPやMPは、座ってヒーリングすることで徐々に回復していきます。

確かLv4までは戦闘不能になってもデスペナルティはなかったと思いますので、いろいろやってみてください。Lv5以上で戦闘不能になると、次のレベルアップまでに必要な経験値の10%、NextEXP1000だったら100ですね、これを失ってしまうというペナルティが課せられますので注意。


レベル上げに行く前に、街の出口付近にいるガードにシグネットを掛けてもらいましょう。この状態で敵を倒すとクリスタルが手に入ることがあります。これは主に合成で使われるもの。最初の内はこのクリスタルなどの戦利品を競売に出品してお金稼ぎをしていきましょう。

さらにシグネットが掛かっていると個人戦績が溜まっていき、一定ポイントと引き換えにアイテムをもらえたりもします。オススメは取得経験値が増える女帝の指輪や戦車の指輪。便利アイテムですのでぜひともご活用を。


「アトルガンの秘宝」スタートも目前。広大なヴァナ・ディールの世界をご堪能くださいませ〜。
posted by コロポ at 21:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | ヴァナ日記 ▲ページTOPへ

 ねぎタル釣り日記 > ヴァナ日記 > ヴァナ・ディールへようこそ〜♪

2006年04月18日

ヴァナ・ディールへようこそ〜♪

記事タイトルはパタヤビーチへようこそ風にお読みください。あいあいあいあいあい100円♪

拡張ディスク「アトルガンの秘宝」発売、Xbox360版正式サービス開始という新展開を機に、FFXIを始めてみようという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

景色の美しいヴァナ・ディールで、のんびり釣りを楽しむのもなかなかいいもんですよ〜、っていきなり釣りの世界への勧誘に入ってますが。

偏ったプレイスタイルをしているのでアドバイスなどはできませんが、自分自身初心に帰ってみたいところもあるので、冒険開始前後を思い起こしてみたいと思います。

検索などで不幸にもここに迷い込んでしまった新規ユーザーの方、何の参考にもならないので御注意を!


キャラクターを作ってみよう!

まず、考えておいた名前がすでに使われているという状況も珍しくありませんので、いくつか候補を用意しておいた方がいいかもしれませんね。実は私のコロポの名前も第2候補だったりします。

それでも全滅、もう考えるのしんどいよーという場合には、自動作成も用意されてますので利用するのもひとつの手です。思いがけずこれいいかもという名前に巡り会えるかもしれませんよ。


種族は、ヒューム♂♀、エルヴァーン♂♀、タルタル♂♀、ミスラ♀、ガルカ♂から選択。

ステータスの関係で、種族によって得意なジョブとそうでないものがあるようですので、その辺りは攻略サイトなどを参考にしてみてください。私が使っているタルタルで言うと、HPが少なめなので近接ジョブだとちょっとつらいかもしれません。


続いてキャラの外見。フェイスタイプ、髪の色、体のサイズを決めていきます。

キャラクター作成画面と実際に操作するキャラではずいぶん印象が違ったりするので、とりあえずぱぱっと作っちゃってゲーム内でよく確認するのもいいかもしれません。


次はジョブを選択。最初に選べるのは、戦士、モンク、白魔道士、黒魔道士、赤魔道士、シーフの6種類。選んだジョブによってスタート直後の持ち物に変化が現れます。

ジョブはモグハウスでいつでも変えられるので適当に選んでも問題ありませんが、他は後から変更できませんので慎重にいきましょう。


そして名前入力。その下にあるのはワールド名とワールドパス入力欄。すでにFFXIをプレイしているお友達からパスを教えてもらえば、同じワールドで遊ぶことができます。必要ない場合はここは飛ばしてください。


最後に所属国の選択です。後から変えることもできますが、ヴァナ・ディールでの故郷にも成り得ますし、充分に吟味して出発国を決めるのもいいかもしれません。

サンドリアは伝統と礼節を重んじる騎士の国。格調高く力強いBGMが流れています。

バストゥークは鉱山開発から急成長した新興勢力。BGMにも活力が漲っています。

ウィンダスは自然溢れる魔法国家。平たく言えば田舎。BGMもどこかのんきです。

この時、サンドリア=エルヴァーン、バストゥーク=ヒュームorガルカ、ウィンダス=タルタルorミスラの組み合わせだと、初期装備にステータスアップの能力がついた指輪が加わってちょっとオトク。無くても問題ありませんので、オマケ程度と考えて良さそうです。


キャラクター作成はこれでおしまい。さぁ、冒険の始まりです!

レベル上げ、クエスト、ミッション、他にもやれることがいろいろあります。

戦闘に疲れた時にはまったり釣りでもどうぞ〜、とまたまた勧誘してみたり。
posted by コロポ at 22:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | ヴァナ日記 ▲ページTOPへ

 ねぎタル釣り日記 > ヴァナ日記 > 私が/anonになった訳

2006年04月17日

私が/anonになった訳

キャラクター情報を非公開にするコマンド「/anon」。

これを入力することで、ジョブレベルやミッションランクなどがサーチ結果に表示されなくなります。

これ、パーティ参加を希望していないという意思表示にもなるので、釣りばっかりの私は使っておいた方が何かと無難なわけですが、キャラの頭上に表示される名前が青色になるのがどうも嫌であまり使っていませんでした。

ところがある日を境に常時/anonに。さて何があったのでしょう。

バタリア丘陵で釣りをしていた時の出来事。

アクティブの来ない端っこの方でのんきにやってたら、モンスターを引き連れた高レベルキャラが。戦闘は解除していて、なぜか一方的に敵に殴られるばかり。

この人、しばらく前から釣りをするでも戦闘するでもなく後ろの方をウロチョロしていて気になってたんですが、いよいよ怪しくなってきました。

何をする気かだいたいわかってたんですが、その時はLv30になってましたのでHPの余裕もあるしと構わず釣り続行。やがてモンスターのTPが溜まってウェポンスキル発動、ダメージを受けるコロポ。

ををっ!?何をなさるか!?って予想通りなんですけども。

こりゃ放っておくわけにゃぁいかん。ターゲットして/slap入力、コロポはその人をバシッと叩いた。そしたらどっかいっちゃいましたとさ。

フッ相手が悪かったようだな、と渋い目付きでタバコをくゆらすマネをするコロポ。

恐らく、不正なツールを用いての不在釣り、いわゆる寝釣りと思ったのでしょう。モンスターの範囲攻撃に巻き込んで戦闘不能にしてやろうと。MPKってやつです。

残念でしたね。わたくし完全手釣りですから♪とりあえず決まり事の範囲内でやるタイプ。そもそも余計なことをするのがめんどくさいというプレイヤー特性を持ってますので。

これと似たようなことがさらに2回。それぞれ別の人です。1回は様子を見ていたら去っていったし範囲攻撃を持っていないはずのモンスターなので違ったのかな。もう1回は危険を察知してデジョンで街に戻ってみました。

そんなことをフレンド氏と話してましたら、もうひとつ指摘をいただきました。サポジョブ取得可能レベルでサポ無し、さらにミッションランク1ということで、RMT業者の特徴によく似ているためそう思われた節もあるのではと。

おぉなるほど!っていい迷惑w

そういったことがあって/anonになったわけでございます。

変人プレイもできないこんな世の中じゃ・・・【ポイズン】

あ、別に傷心などしておりませんのでお気遣いなく。むしろ面白い体験ができてラッキーくらいに思っとります。
posted by コロポ at 13:07 | Comment(5) | TrackBack(0) | ヴァナ日記 ▲ページTOPへ

 ねぎタル釣り日記 > ヴァナ日記 > おかえりボクらのヴァナ・ディールへ

2006年04月06日

おかえりボクらのヴァナ・ディールへ

私がFFXI再スタートする数ヶ月前にもあったというウェルカムバック キャンペーン

キャラクターデータ保有期間を過ぎてしまい、コンテンツID復活ができなくなってしまった人も、以前のキャラクターをそのままに復帰できるというサービスです。

わたくし同様再びヴァナ・ディールの世界に行ってみたくなった人には朗報。締め切りは2006年5月31日16:00頃だそうです。私のようにキャンペーン期間外に復帰しようとするとこういうことになりますので、復帰をお考えの方はお忘れなく〜。

私にも復活可能なキャラクターデータはあるのでしょうか、ちょっと試しにチェックしてみました。



おおっ!!初代コロポを含め、懐かしき全5キャラの姿が!!すべてタルタルな辺りから中の人の偏執的嗜好が窺い知れます。気持ち悪いですねぇ。

宅配サービスを利用して確認したところ、3番目のタル子さんと同じ名前のキャラクターがいらっしゃるようなので伏字。他のキャラに関してもいつかそうなるかもしれませんので同様の加工をさせていただきました。


一番上のおだんご頭のタル子さんはサンドリアの倉庫キャラ。その顔立ちにインドのにほいを感じたのでそれっぽい名前をつけ、ゆくゆくは妙薬売りとしてコロポお手製回復薬の販売員になっていく予定でした。

インドで思い出しましたが、わたくしけっこうな古代インド好きで、舞台がそれっぽいということでTANTRAというオンラインゲームに手を出したこともありました。その時のマイキャラはこちらをクリック、と脱線してみたり。


2番目のひとつ縛りのタルくんは、バストゥークの倉庫キャラ。フェイスタイプで掛け声なんかも違うと気付き、じっくり聞いてみようと表に出て戦闘した結果、微妙にレベルが上がっております。

この子にはジャッキー・チェンが昔の映画で演じた役の名前がついてました。Jackie is my hero!!今日はテレ東で「メダリオン」放映。FFやらずに見ます!


3番目のタル子さんは、うちの家族が使っていたキャラ。コロポに次いでの誕生なので順番で言うと他のキャラより先輩なのですが、わたくし以上に戦闘に苦しみ早々に離脱、他キャラ同様コロポの倉庫キャラに成り下がるという不運を辿るのでした。

ジョブはモンク。やー!たー!とー!というような掛け声が、頑張ってる感じでとても可愛かったのをよく覚えています。


4番目は御覧の通り初代コロポ、初めて作った記念すべきキャラです。みなしごで1人生き抜く術を身につけるためにという設定で、シーフをメインジョブとしていました。

その瞳に溢れんばかりの希望を抱いてヴァナ・ディールに降り立ったコロポくん。サポートジョブも手に入れて意気揚々と冒険に繰り出す毎日でしたが、いつしかそのサポートジョブのシステムに違和感を覚え始め、他にも思い悩むことが重なった結果、終盤にはログインしても釣りをするばかりになっていくのでした。


そして最後は、そんなコロポに代わって新たなメインキャラとなるべく生を受けたちょんまげタルくん。ある武将の稚児名を拝借し、いつか立派な侍になる時を夢見て日々精進。食事はおにぎり。サポートジョブを取らない方針で、ソロ活動を続けておりました。


そんな感じでやってたんですけど、ある時急に熱が冷めてコンテンツ解約。以前お話ししたシールオンラインへと興味は移っていくのでした。

時は巡ってシールオンラインもやめ、先ほどお話ししたTANTRAもやめ、今では再びFFXIに。

ここに来て以前のキャラを使える機会が訪れたわけですが、今のところ復活させる気はありません。私の中ではとうの昔にお亡くなりになった面々。今元気に飛び回っている2キャラを大事にしたいと思います。

何か違うと感じたサポートジョブもなくて、私的に満足、万々歳なのですよ。

あ、皆さんはちゃんとサポジョブつけてくださいね。サポジョブ無しは私のような変人が承りますので。

さらば初代コロポ。君は我が記憶の中で生き続けるであろう。
posted by コロポ at 19:34 | Comment(2) | TrackBack(0) | ヴァナ日記 ▲ページTOPへ

 ねぎタル釣り日記 > ヴァナ日記 > 1人LS誕生

2006年01月29日

1人LS誕生

ずいぶん長いこと書き忘れていたのですが、リンクシェル、LSを作ってみたのです。

念のためFFXIをプレイしていない方に向けて説明しますと、このLSというシステムは、MMOで広く言うところのギルドに当たるもの。ギルド戦みたいなものはありませんが、LSチャットで多くの人と話すことができます。

同じリンクシェルから生まれたリンクパール同士は遠く離れていても互いを感知するといったような、細かい部分は覚えてないけどなかなか夢のある設定。

知人のLSに入れてもらったのですが、もともと後続な上ブランクもあるのに加えて、釣りしかやってないので話題に乗れず、どうも浮いてるぞと自己判断、LSリーダーである知人に断ってひとまずフリーに。別に何かあったわけじゃないのでLSメンバーを見掛けたら普通に挨拶してますぞ。

名前の横にLSマークがないとお誘いをいただくこともあるのですが、結局お断りすることになるので相手に悪い、そう考えた私は、ダミーの1人LSを作ってみようと思い立ったわけです。


LS作成直後に撮ったSS。釣り人装備なんてしばらく着てません。どれだけこの話題を放置してたかよくわかりますねー。

LSカラーは空と海をイメージ。その名も「LittleWorms」。釣り餌の基本といえばリトルワーム。初心忘れるべからずといった自戒の念がその名に込められています。

そんなこんなで1人に戻り、自分の都合のいい時にログインしてやりたいことだけやってログアウトという実に勝手気ままなプレイスタイルを確立。

寂しいやつだと思われるかもしれませんが、様々な面からオンラインゲームでの人間関係はできるだけ浅くしておきたいのが私のスタンス。その分、狩場で会った人や話をした人のことをよく覚えてたりします。きっと相手は忘れてるだろうなと思って後で見掛けても話し掛けたりしないんですけどね。

FFXIで1人でやっていくのは何かと厳しいので、良い子は真似しちゃいけません。
posted by コロポ at 20:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | ヴァナ日記 ▲ページTOPへ

 ねぎタル釣り日記 > ヴァナ日記 > 死神コロポ

2006年01月23日

死神コロポ

チョコボに乗ってマウラ方面へとつったかつったか走っていたら、英語のtellが。どうやらウィンダスまでの案内をお望みのご様子。ウィンダス行きなら任せんしゃい!

ブブリムのアウトポストで落ち合ったのはスキンヘッドのヒュームさん。確認してないけどバストゥーク所属でこっちの方には初めて来たのかな?

チョコボから降りてぷりーずふぉろーみーといっちょまえに先導するコロポ。ブブリムからタロンギ、そして東サルタバルタへと向かいます。

と、ここでアクシデント。東サルタへのエリアチェンジで不正落ちしてPC再起動。これは私だけでなくけっこうあるようです。

すぐにゲーム内に戻り、辺りを見回しますが、先ほどのヒュームさんが見当たりません。ちょっと長めの名前で覚えられなかったのですが、見ればこれだとわかるはずとエリアサーチ。うーん、いない。確か頭文字はこれだったなと名前で探したり、いろいろ条件を絞って全エリアをサーチしても見つかりません。

しまった!1人でウィンダスに向かってアクティブモンスターに襲われ戦闘不能になり、意気消沈してログアウトしてしまったのか!?

また1人死なせてしまったのだろうか・・・。忘れがたいかつての記憶が蘇ってくるのです。


そう、あれは2年前、以前のFFXIプレイ時のこと。

操作ミスで敵にケアル、フレさんをピンチに陥れるコロポ。

戦闘の訓練に付き合ってくれたLSリーダーを瀕死にさせるコロポ。

船待ちの暇潰しにゴブリンに手を出し、フレさんを死なせるコロポ。

ギデアスに迷い込み落とし穴に嵌まった初心者タル子さんを、出口に送り届ける前に死なせるコロポ。

関わる人を次々と不幸に・・・。

大丈夫気にしないでと皆さん言ってくれましたが、かなりのトラウマ。

特に最後のが応えました。頼まれたとは言え、助けようとして死なせたのがなんとも。MP切れでヒーリングしてて反応が遅れたのですが、死なせたことに変わりはありません。

そして誓ったのです。もうパーティでの戦闘はしないと。誰にも迷惑掛けないように、ずっとソロでやっていこうと。

/anon解除していた時に誘ってくださった方々、せっかく声を掛けていただいたのにお断りしてごめんなさい。


スキンヘッドのヒュームさんとは、1時間ほど待ってみましたが再会できませんでした。私が落ちている間に無事にウィンダスに到着してログアウトしたのならいいのですが・・・。こういうのをけっこう気にするコロポなのでした。
posted by コロポ at 12:14 | Comment(5) | TrackBack(0) | ヴァナ日記 ▲ページTOPへ

 ねぎタル釣り日記 > ヴァナ日記 > ヴァナ・ディールの英会話

2005年12月19日

ヴァナ・ディールの英会話

10月にFF復帰して以来、事ある毎に思い知らされる、自分の英語力の無さ。

            【私は英語が話せません。】
            【答えたいけど表現がわかりません。】
            【釣り】【興味があります。】

そんなバザーコメントを入れてるわけですけども。3行目は別としまして。

間違いなく前やってた時よりも英語わかんなくなってます。

以前はですね、北米版スタートでどっと押し寄せた英語圏の方々にですね、私も始めてまだ1ヶ月くらいで皆さんとそんなに変わりませんよという気持ちもあってですね、じゃぱにーずていすてぃふーどデスぷれぜんとふぉーゆーナノデスと文法無視のカタコト英語でですね、自作のおにぎりを進呈したりという積極的な面もあったんですよ。

カタコトなりになんとか意思の疎通ができたようで、北米ユーザーのフレンドもいたりしたわけです。

FFの前にやってたDC版PSOでも、最後の頃は海外のユーザーと遊ぶことの方が多いくらいだったんですよ。(というかまだサービス続いてるのね)

今・・・・・・無理。

チャットでも何でも使ってないとダメですね。覚えたはずの単語やスペルの多くを忘れてしまっています。

ねっとげーむのえいかいわ。さん、お世話になります。
posted by コロポ at 17:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | ヴァナ日記 ▲ページTOPへ

 ねぎタル釣り日記 > ヴァナ日記 > 一致団結って素敵やん

2005年12月12日

一致団結って素敵やん


土のクリスタル大暴走!ヒエェーッ((((((゚□゚;))))))

すみません、SS使いたかっただけです。

そんなことより、今日はちょっと嬉しい出来事があったんですよ。

先週ピーヨヨさんが錬金術修行に行った時、バストゥーク鉱山区に、あるシャウトが飛んでおりました。英語だったので細かいところまではわかりませんが、だいたい以下のような内容。

     バストゥーク国民の皆さん サルタバルタを落としてみませんか?
     皆さんの協力が必要です 一緒に頑張りましょう

おおっ、ウィンダスの隣接地域サルタバルタをバストゥーク支配にし、テレポサービスでアウトポストまで飛んでこられるようにしようというわけですね?

各国の隣接地域、バストゥークならグスタベルグ、サンドリアならロンフォール、ウィンダスならサルタバルタ、このリージョンを他国が落とすには団結せねば難しい。ゆえに広範囲チャットで呼び掛けていたわけですよ。

いいね!と思いはすれど、あいにくウィンダス国民。応援の念だけ送らせていただきましょう。

コンクェスト集計は毎週月曜0時。さてどうなったのだろうと気にしつつログインすると・・・。


ご覧下さい!西サルタバルタアウトポストにはためくバストゥーク国旗を!見事サルタバルタはバストゥーク支配に!凄い凄い!他国者ながら拍手!引きの画でわかりにくいか!

先週グスタベルグがウィンダス支配になっていたのも、きっとこうやってみんなで力を合わせた結果なのでしょう。

しみじみ思いました、これぞMMO、多人数参加型オンラインゲームと。恥ずかしながら、ちょっと感動さえしてしまいました。

今度ウィンダスでこういう呼び掛けがあったら、絶対参加するぞー!
 
 移転元からコメント転載しました
posted by コロポ at 15:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | ヴァナ日記 ▲ページTOPへ

 ねぎタル釣り日記 > ヴァナ日記 > 祝・御開店

2005年12月09日

祝・御開店


ゴールドカープで着々と腕を磨き、スキル28になったピーヨヨさん。ちゃんと帽子を脱いでマスターにご挨拶、釣りギルドの下級職人に認定していただけました。

ところで、今週のミドガルズオルムワールドでは、グスタベルグ地方がウィンダス支配になっております。


森の区噴水前にグスタベルグ特産品店オープン〜。ここのお店が開いているの、初めて見ました。店員のミスラさん、開店おめでとうございます♪

さらに、いつ頃からか追加されたアウトポストテレポサービス。自国が支配しているエリアに補給物資を届けると、以降、そのエリアのアウトポストまでテレポで飛ばしてもらえるようになる、とても便利なシステムです。

テレポ直後のアクティブモンスターによるボコられ死はご愛嬌。これまだあるんだろか。

このテレポサービス、確か最低でもレベル20無いと使えなかった気がしますが、いつかそこまで育つかもしれません、グスタベルグがウィンダス支配なんて滅多に無いことなので、今の内に補給物資届けちゃいましょう。

まずは下級職人へのランクアップも済ませて、なんとなく切りがいいのでピーヨヨさんから。

思えば彼女、飛空艇パスを買うために歩いたウィンダス→ジュノ間と、釣りでバタリア丘陵に行ったきりで、他のフィールドに足を運ぶのは初めて。気付けばグスタベルグの地図を持っていません。後でちゃんと買っておかなくちゃ。


方向音痴な中の人ですが、なんとか到着〜。同じように補給物資お届けの方が続々と駆けつけてはデジョンでお帰りになる中、てくてく歩いて帰路を辿るピーヨヨさんであった。


続いてコロポも無事クリア。同じ場所で同じポーズでも、昼と夜ではずいぶん違いますねー。夜型のアクティブモンスターに気をつけないと。

聞いた話では、サンドリアの隣接地域ロンフォールも、かつてウィンダス支配になったことがあるそうなので、今回でアウトポストテレポコンプリートのウィンダス国民も多かったのかな?次の機会は逃さないぞー。
 
 移転元からコメント転載しました
posted by コロポ at 20:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | ヴァナ日記 ▲ページTOPへ

 ねぎタル釣り日記 > ヴァナ日記 > 衝動買い顛末記

2005年12月04日

衝動買い顛末記


先日作ったアクアスルムなどの売り上げを手にし、ちょっとだけリッチになったピーヨヨさん。競売を眺めていたら、お手頃価格の装備が目に留まりました。胴・腕・脚・足4部位揃えても16000ギル。ちょうどどれも出品があるようですねー。


これを逃したら次に揃うのはいつになるかわかりません。おもいきって購入〜。こちらはヒーリングHPがプラスされるバガボンド装備。暖かみのある色合いが素敵です。


でも上着と髪の色がマッチしていませんねー。ピーヨヨさんも、うーん、と考え込んでおります。またやっちゃった、といったところでしょうか。


普段冷静な(設定の)彼女ですが、買い物になると熱くなってしまうところがあるようで、銅の髪飾りを競売で落札するも見た目の変化無しでその場で出品したり、サークレットを購入するも前髪に隠れてなんだかわからずすぐに売却したりと、実はこれまでにも何度か失敗しているのでした。


試しにバガボンド装備をコロポに着せてみました。ん、けっこういいかも。森の小人っぽい感じが出てますよ。まさにコロポックル。ここに来て今さら名前の由来に迫る展開。


ブロンズキャップも装備してみました。これをかぶると敬礼してしまうのはボーイスカウトファンの証しでしょうか。普段は下がり眉で頼りなさげなコロポの表情も、心なしかキリリと引き締まって見えます。トレードマークのたまねぎ頭が隠れてしまいますけども、隠居中はこの支度で過ごしてみましょうかのぉ。

皆様、お買い物は計画的に。
posted by コロポ at 17:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | ヴァナ日記 ▲ページTOPへ

 ねぎタル釣り日記 > ヴァナ日記 > ミスラの村に行ってきた

2005年11月15日

ミスラの村に行ってきた

釣りギルドの生産品クエストで指定されたコーラルバタフライが釣れるそうなので、14万8000ギルでカザム行き飛空艇パスを購入し、海の向こうのミスラの村に行ってまいりました。

猫の耳と尻尾を持ったミスラさん。タルタルとはウィンダスのお友達ですね。釣り人としては魚を食べられるのがかなーり羨ましいです。


族長ジャコさんにご挨拶〜。さすがお偉いさん、お召し物も一味違います。



オポオポ!ずっと前、お正月のイベントだったかな、サルタバルタを駆け巡るオポオポファミリーを見掛けて、普段はどこにいるんだろうと思ってましたが、ここカザムの生き物だったのかー。


こちらのエルヴァーンさんは、オポオポを小さな生き物と呼んでいたのですが、タルタルにしてみるとけっこうでっかいです。

この人、なんだか大げさなリアクションをするので正直ちょっと怖かったんですが、お金が足りなくて宿を追い出されそうだというので1万ギルをカンパ。後になって称号が「いい人カモ」になっているのに気付きましたが、このクエストでだったのかな。いいカモが来たぜグヘヘてなもんだったんでしょか。


ウサギはっけーん。ウィンダスでの名声が届いていたのか、お隣のNPCタルさんに、冒険者で名が知れてるコロポってヤツかい?みたいなことを言われて、なんだか妙に照れました。


モーグリ〜。この前行ったラバオのモーグリと比べると、屋根付きカウンターでずいぶん高待遇です。


うっかり足を踏み外し、どことも知れぬジャングルに出ちゃいましたよ〜。BGMも、いかにもジャングル。この後、たくさんのモンスターに追われてこちらに逃げてくる人の姿が。それを上回る逃げ足の速さで村に避難するコロポであった。


おさかな!あれが目的のコーラルバタフライなのかな。

虫ダンゴやカエルの黒焼きを売ってるのを見つけたりと、カザム観光も一通り済んだところで、そろそろ釣ってみましょう。

カザムの海ではワームルアーでコーラルバタフライを狙い撃ちできるようです。何でも釣れちゃうコバルトジェリーもいるようですけれど。

うわ、アローウッド原木も掛かるのね。竿を折るモノと言えばこれ。ハルシオンロッドもこれで折れちゃうんだろか。

竿折れ及び糸切れ回避策として、これはコーラルバタフライだなと確実にわかる引きのみ釣り上げる方向でやってみました。

スキル39の魚ということで余裕で釣れると思いきや、けっこう暴れてなかなかの手応え。そのおかげで他の物と区別しやすく、納品できる上限9尾が短時間で集まりました。

というかこの魚、大物でもないのにスタックできないのね。小物と大物の間、中物とでも言うのでしょうか。

ちょうど飛空艇が到着したので、ひとまずカザムの地を後にしましょう。来る時回線落ちしちゃってカザム上空を見てないし、その内また遊びにこよっと。
posted by コロポ at 05:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | ヴァナ日記 ▲ページTOPへ

 ねぎタル釣り日記 > ヴァナ日記 > 辺境の町に行ってきた

2005年11月11日

辺境の町に行ってきた


あぶなっ!勢い余ってあわや転落のコロポくん。飛空艇内ではあんまりはしゃいではいけません。
 
フレンドさんとの話の流れで、ラバオという辺境の町に行ってみようということになり、出発点のバストゥークに向かっているところ。なんでも鉱山区からダンジョンを抜けてラバオまで行けるそうなんです。

港に降り立ち鉱山区へ。西にあるツェールン鉱山へと向かいます。気付けば地図を持ってなかったのですが、フレさんに導かれるままに前進。獣使いのフレさんがアクティブモンスターを操ってる間にすり抜けるという作戦で、レベル1のまま先へ先へと進みます。

やがて、砂漠っぽい景色が目の前に広がりました。サソリや人型をしたアリのモンスターがウヨウヨしててめちゃくちゃ怖いです。


テレポイントで一息。画面手前のエルヴァーン氏がフレさんでございます。アクティブモンスターは彼とペットに任せて、すっかり観光気分。ちゃっかりゲートクリスタルもゲットです。

安全だから先に行っててと東を指差すフレさん。言われるままにまっすぐ東に進んだつもりが、持ち前の方向音痴が発揮されてとんでもない場所に。こっちこっちと結局先導してもらってエリアチェンジ。


到着〜。さっきまでいた砂漠とあまり景色が変わりませんが、町、ラバオです。チョコボもいますねー。

回っておいでとフレさんに促され、あちこちうろうろしてみるのですが、広くて方向感覚を失い、同じNPCに何度も話し掛けたりしてます。


オアシスはっけーん。ここで釣りもできます。ちょうどこの日の指定品だった大鈍甲も釣れるらしいのですが、あいにく餌の持ち合わせがありませんでした。


出張モーグリ〜。モグハウスのモーグリくんとは少し雰囲気が違いますねー。FF9の旅するモーグリ、スティルツキンにちょっと似てます。

ラッキーロールって言ったっけな、ちょっとしたギャンブルみたいなのもやって、一通り回ったところでフレさんによるデジョンUでジュノへ帰還。パーティメンバーもホームポイントに飛ばせるとは、なんて便利な魔法なんでしょ。

後になってわかったんですけど、一通り回ったつもりが、実はまだいってなかった所もあって、はじっこの方に競売所や地図屋さんもあったんですねー。地図買っておきたかったなぁ、残念。
posted by コロポ at 09:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | ヴァナ日記 ▲ページTOPへ

 ねぎタル釣り日記 > ヴァナ日記 > 世界が変わった日

2005年10月30日

世界が変わった日


飛空艇パス、ゲットしました!


ミッション4をクリア、50万ギルで購入、そのどちらかで手に入る飛空艇パス。まったくミッションに手をつけていない私は、当然後者での入手です。


飛空艇乗り場はこんな感じになってたのかー。ジュノ港ではここで釣りができるわけですね。

ちょうど釣りギルドの生産品クエストでオオナマズが指定されていたので、この前釣ってたバストゥークに行ってみたいと思います。


飛空艇到着!

以前プレイしていた時には手が届かなかったので、初めての飛空艇なんですよ。もうドキドキワクワクです。


うっひょー!いい眺め〜。



上空から見下ろす景色にうっとりしていたら、あっという間にバストゥーク港に到着です。徒歩でアクティブモンスターに怯えながら目指した街まで、ほんの2〜3分ですよ。もう感動です。

飛空艇を降りた所に売店があるんですねー。さらにはジュノ行きの便の乗客に落し物を届けるクエストをもらったりと、知らなかったことばかり。


ウィンダスへの帰路。ちゃんと景色変わってますねー。初めて見る上空からのサルタバルタの景色に、コロポもエキサイトしております。

ジュノから3国へ自由に行き来できるようになり、釣り場の選択肢も増えました。今まで以上に楽しくなりそうですよー。
posted by コロポ at 09:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | ヴァナ日記 ▲ページTOPへ

 ねぎタル釣り日記 > ヴァナ日記 > 騎士の国サンドリア

2005年10月21日

騎士の国サンドリア

騎士の誇りと力強さを匂わせるBGMが印象的なサンドリア王国。エルヴァーンという種族の国です。

尖った耳はタルタルとよく似ていますが、エルヴァーンさんはすらりと長身、遠目に小型のモンスターと間違えられることもあるタルタルと違って、かっこいいです。


お城〜。メインストーリーであるミッションを進めないと、ここには入れてもらえないみたい。ミッションどころかクエストすら満足にこなしていないコロポ、関係者以外立入禁止と門番に怒られてしまいました。


堀ブナ兄弟はっけーん。どちらかに堀ブナ10000匹を渡すと、太公望の釣竿という超高性能な竿がもらえます。さらりと言ってますが、10000匹はそりゃもう大変です。太公望を手にするのはいつになることやら。

この時ちょうど持っていた堀ブナ5尾をお兄ちゃんの方にトレード。それでびっくりしたんですけど、報酬激減してますねー。1尾100ギルだったのが10ギル。ちょっと見ない間にケチになったな堀ブナ兄弟!


ヴォルボー特産品店で岩塩を購入するや否や、その場に座り込んでピピラの塩焼きでスキル上げ開始。飛び散るクリスタルの炎に、店員さんの営業スマイルもひきつったことでしょう。

予定通りピピラの塩焼きで調理スキル19に到達。当面の目標であった虫ダンゴの適正スキルについに手が届きました。

倉庫キャラのタル子さんに材料を送ってもらって、さっそく虫ダンゴにチャレンジ。んー、なかなか成功しませんねー。土のクリスタル2ダースを使い切るまでに、成功はたったの3回。これは調理ギルドでサポートを受けた方が良さげです。

バタリア丘陵でノストーヘリングを釣って39まで釣りスキルを上げてからと思っていたのですが、まいっか、いったんウィンダスに戻りましょう。

ばいばいサンドリア、いつか堀ブナ渡しで長居することになると思うので、その時はまたよろしくねー。

実は早くウィンダスに戻りたい理由もあったり。スキル上げで大増殖したタラ切り身をフレさんに強引に押し付けたところ、お返しに手作りの家具をくださいまして。出張先ではダメなのですが、自国のモグハウスだとレイアウトできるんですよ。どんな感じなのか早く飾って見てみたかったのです。


こんな感じでした〜。喜んでるアクションをしたつもりが、うおぉ手が届かないよーみたいになっちゃってますが。

これはコモードという家具。アイテムを4つも収納できます。モグ金庫が釣り道具や魚でいっぱいなので大助かりです。大事に取っておいた初期装備のタルタル服をしまっておきましょう。

さらに、ころっと忘れてたんですけど、いつ頃からか追加されたモーグリの応援というシステム。家具の配置や組み合わせによるんだったかな、それで様々な効果を得られます。このコモードを置いてみたら、釣りの応援が!釣り命の私にはベストチョイス。フレさんどうもありがと〜。

今度はウィンダス方面で釣ってみるぞー!
 
 移転元からコメント転載しました
posted by コロポ at 16:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | ヴァナ日記 ▲ページTOPへ

 ねぎタル釣り日記 > ヴァナ日記 > 新たなフレさん1人+1匹

2005年10月21日

新たなフレさん1人+1匹

うまく狙える魚がいないこともあって、釣りスキルがなかなか上がらなくなった30代。

ブラックソール、ブルーテール、コーンカラマリ、コバルトジェリー。それらが競売で落札され、ある程度まとまったお金が手元に入りましたので、ひとまず目先を変えて、調理の腕を磨いてみました。

前回に引き続き、風のクリスタル+タイガーコッドで、スキル13まではタラ切り身。続いて魚を堀ブナに変えて、フナ切り身で17まで。風のクリスタル大活躍です。

次はピピラの塩焼きに挑戦。釣ったきりでどうしても売れないかわいそうなピピラの救済措置も兼ねてます。レシピは炎のクリスタル+ピピラ+岩塩。

比較的ジュノから近場とも言えるサンドリアで岩塩が安く手に入るようなので、少しでも出費を抑えるために行ってみましょう。

バタリア丘陵→ジャグナー森林までは移動も順調だったのですが、続くラテーヌ高原に入って間もなくオークに見つかり死亡。直前に行きずりの方が防御魔法プロテスを掛けてくれたのですが、レベル1では一撃死でした、せっかくのご好意を不意にして申し訳ない。

と、ここで急展開。ホームポイントに戻ろうとしてたら、先ほどプロテスを掛けてくれた人がまだ近くにいて、なななんと蘇生魔法レイズで復活させてくれましたよ!

その上、サンドリアまでの護衛を申し出てくださいました。普段1人で釣りばっかりやってる私には滅多にない機会、お言葉に甘えてしまいます。


こちらがその頼もしいお方。頑丈そうな鎧を纏った竜騎士さんです。お供の飛竜と3人で記念撮影。

凄い、凄いです!その辺のオークなんか一撃ですよ!ジャンプやハイジャンプのアビリティで、行く手をさえぎるアクティブモンスターを一掃!かっこいー!!

その上、方向音痴気味で道に沿っていかないと迷子になりがちな私と違って、窪地や林を迷うことなくすいすい進行。見事な先導です。

おかげで無事にサンドリアに到着。

こちらの方とはフレンド登録もさせていただきました。釣りばっかりやってる戦力外なやつですが、どうぞよろしくです。飛竜ちゃんもまた遊ぼうね♪
posted by コロポ at 01:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | ヴァナ日記 ▲ページTOPへ

 ねぎタル釣り日記 > ヴァナ日記 > 戦友との再会

2005年10月03日

戦友との再会


エルヴァーンとタルタルの立ち話。どちらも首が疲れそう。

コロポの向かいの御仁が、我が戦友どのでございます。
 
戦友と言っても、オンラインゲームの話。共にベトナムの戦火をくぐり抜けたとかいうランボーみたいな話じゃありません。

DC版PSOからの付き合いなので、かれこれどのくらいになるでしょうか。

前の時は物もらったり教えてもらったりクエストやレベル上げ手伝ってもらったり、いろいろ面倒見てもらってばっかりですまなかったのぉ。

と言いつつ、今回もわからないことを聞きまくり、知らないことを教えてもらいまくりです。

別のフレさんから聞くまで、ジラートの幻影以降も新しい拡張ディスクが出ていることを知らなかったのは、さすがに自分でもどうかと思いました。スミマセンスミマセンスミマセン。

お金とアイテムももらっちった。50000ギルと、ハルシオンロッドという釣り竿。

遠慮もせずに受け取ってすまんのぉ。

リンクシェルにも入れてもらいました。そしたら前にもいて、あまりINしてなかった私のことを覚えてくれてた人がいたりして、すっごい嬉しかったですよ。

逆にこちらは覚えてるけど、私のことはまったく覚えていない人もいて、それがまたおかしくて、すっごい楽しかったです。

落ちまくりで会話中に急にいなくなったりしますが、皆さんどうか気を悪くされませんように。
posted by コロポ at 20:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | ヴァナ日記 ▲ページTOPへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。